SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビデオリサーチ、オンライン広告効果の共通指標整備へ

 ビデオリサーチとビデオリサーチインタラクティブは、一般社団法人日本広告業協会に協力し、平成26年度よりオンライン広告の効果測定調査を実施し、統一的な基準値作成と共通指標の整備を進めていく。

 従来のオンライン広告の効果を表す主な指標は、クリック数やクリック率をはじめとしたオンライン上での直接的な行動把握が中心であり、オフラインにおける心理・態度の変容(興味関心、購買行動等)を把握できるものではなかった。また、広告出稿後に個別に実施されている効果測定調査は、個々の広告の出稿についての評価に留まっており、データの蓄積によって可能となる標準的な効果を把握できるまでには至っていない。そのような背景から、両社は今回の取り組みに至った。本件の趣旨には、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会、一般社団法人インターネット広告推進協議会も賛同している。

 本調査は、本取り組みに賛同する媒体社の、運営サイトに掲載される広告を対象とし、オンライン広告の視認効果に焦点を当てて行う。広告認知の有無、広告認知後の心理変容等を測定することで、オンライン上での直接的な行動把握のみでは捉えきれなかった広告効果を明らかにするとともに、蓄積データを用いて基準値を整備していく。基準値の整備については、まずPCに表示されるインターネット上のバナー広告から着手し、平成27年3月までの公表を目指す。さらに、リッチ広告や動画広告、将来的にはスマートデバイス上の広告等についても順次着手し、公表していく予定。

【関連記事】
担当者の3割「動画のPR活用」に注目/「いいね!」や「RT」も効果指標【PR TIMES調査】
“メディアの持つソーシャル力”はPVに代わる新たな指標になるか【Green romp調査】
popIn、新指標「READ」で読まれ方を調査、ネイティブ広告の効果測定に応用
popIn、記事コンテンツの新たな評価指標「READ」をリリース
ビデオリサーチ、Twitter社との協業に合意~テレビとソーシャルメディアの共通指標整備へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/29 08:30 https://markezine.jp/article/detail/20783

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング