SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

WPPとITV、デジタルプラットフォーム向けドラマ制作会社Indigenous Mediaに出資

 デジタルプラットフォーム向けのドラマ制作で知られるWIGSが新会社Indigenous Mediaを立ち上げた。WIGSは2012年、映画『ブラック・スワン』のエグゼクティブ・プロデューサーであるJon Avnetと、Rodrigo Garcia、Jake Avnetの3名が立ち上げた。彼らは制作したドラマ・シリーズをすべてYouTubeのチャンネルと自社サイトwatchwigs.comで公開し、一部のシリーズをHuluとHulu+、FOX NOWに提供している。

 このデジタルコンテンツの手法をさらに推し進めるため、彼らはロサンゼルスに新たなデジタルコンテンツスタジオ「Indigenous Media」を設立。デジタルプラットフォーム向けの30分番組と1時間番組のシリーズの制作にフォーカスする。

 この新会社に、英国を拠点とするグローバルエージェンシーWPPと英国最大の民間のテレビ局ITVも出資。両社は広告と配信に関して協力し、ブランドスポンサーと複数のプラットフォームでの配信が可能なコンテンツづくりをサポートする。

 WPPは、デジタルビデオのような成長の早い重要なセクターに投資を続けている。2007年には、デジタルプラットフォーム向けのコンテンツとして初めてエミー賞を受賞したNetflixの「House of Cards」シリーズを制作したMRC(Media Rights Capital)、2011年には若者向けのオンラインコンテンツの制作、配信、マネタイズを行うVICE、2013年にはYouTubeのチャンネルネットワークを運営するFullscreenに出資。Fullscreenのネットワークを通じて動画を楽しむ人は3億7500万にも上っている。

 WPPはこのほかにも、映画制作会社The Weinstein Company、EDM(Electronic Dance Music)のイベントのプロデュースやコンテンツ制作を行うSFX Entertainmentなどにも出資している。

 WPPのデジタル収益は2013年に60億ドルを超え、同グループ全体の収益の約35%を占めている。WPPは今後5年間にこの比率を40~45%に高めたい考えだ。

※編集部注:
「同社のネットワーク」を「Fullscreenのネットワーク」に修正しました。(2014.9.18)
「英国最大のテレビ局ITV」を「英国最大の民間のテレビ局ITV」に修正しました。(2014.9.19)

【関連記事】
Netflix、会員数が5000万人突破、オリジナル番組にも注力
uuumとブルーカレント、YouTuberの戦略PRサービス活用でパートナーシップ提携
米国10代に影響力のある人物トップ5はすべてYouTuber、ハリウッドセレブと人気を二分
米ウォルト・ディズニー、YouTube動画ネットワークのMaker Studiosを買収
Hulu、Netflixに続いてAmazonもドラマ制作に本腰

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/09/19 11:18 https://markezine.jp/article/detail/20930

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング