SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オールアバウトとロックオンが業務提携、閲覧者の「愛着心」や「思い入れ」を可視化する分析を開始

 オールアバウトとロックオンが業務提携。All Aboutのタイアップ広告で取り上げられた企業や商品・サービスに対する「愛着心」、「思い入れ」といったエンゲージメントを可視化するエンゲージメント分析レポートの導入を開始する。同レポートで指すエンゲージメントは、企業や製品と顧客の間にある「絆」の深まり具合を表すもので、CV数や直帰率のように単一の指標で表せるない複合指標の総合評価として表現される。

 総合情報サイト「All About」ではユーザー属性分析を行い最適化への取り組みを行ってきた。しかし、ユーザの態度変容やエンゲージメント効果はメディア単一で完結するものではなく、タイアップ広告を閲覧したユーザがその前後の媒体でどのように変化したかまでは計測できないという課題があった。一方アドエビスは複合指標のもと、エンゲージメント分析を行ってきたが、興味関心によるデータまで紐付けた分析ができないという課題があった。

 そこで今回、オールアバウトで広告の間接効果や流入経路・検索ワードによる態度変容が分析可能なアドエビスを活用し、同サイトのタイアップ広告に接触したユーザのエンゲージメント変化を外部データも紐づけて可視化する分析を実現させるに至った。同分析により、自社のセグメント分けと、アドエビスにて取得した広告閲覧ユーザーのメディア外の動きを分析し、広告の訴求・質をさらに高めていくことが可能となる。

【関連記事】
ロックオン、「THREe」と「アドエビス」の連携強化、売上まで加味した間接効果の評価を可能に
オールアバウトがネイティブ広告の販売を開始、AntennaやOutbrainなどからの誘導も実現
ニューヨーカー、嗜好分析に基づきパーソナライズされたカタログの提供を開始
ALBERT、オフライン広告の評価を含む包括的アトリビューション分析サービスを提供開始
オフライン行動に対するWebサイトの貢献度を定量化、IMJ「O2O貢献度分析サービス」提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング