MarkeZine(マーケジン)

記事種別

インテージ、情報接触から行動・購買までをビジュアル化する動線分析システム「Strevi」を提供へ

2014/10/06 09:00

 インテージは、テレビCMやWebサイトなどの情報接触から、商品の購入やサービス登録といったコミュニケーションの目的となる行動までの生活者の動線「コンバージョンパス」をWeb上で照会・分析できるシステム「Strevi(ストレビ)」の提供を開始する。

 「Strevi」は、テレビCMやWeb広告、Webサイト閲覧、検索をはじめとした複数の情報接触や行動について、「どのくらいの人がその行動をしたのか」「どんな特性の人がその行動をしたのか」を把握が可能。情報接触と購買データをログ形式で収集している同社提供のi-SSPデータを使うことにより、アンケートでわからない前後関係をもとにしたパス分析を実現する。

 近年、企業のマーケティング活動において、インターネットによる新しいコミュニケーションツール(Webバナーや動画広告、SNS、キュレーションサイトなど)を利用する動きが活発化している。同時に「異なるメディア間での展開施策の効果を、統一した基準で把握し効率的な活動につなげたい」「コミュニケーションプランの中で計画した「導線」が有効に機能しているのか確かめたい」というニーズも高まっている。そのような企業のニーズを背景に、同システムを開発するに至った。

【関連記事】
インテージ、ブランドとメディアのつながりを捉える分析サービス提供へ
インテージ、テレビCM・Web広告のトラッキングツール「Campaign Tracker」リリース
AOL、テレビのターゲティングと分析を一気通貫で可能に
電通、消費者行動のシングルソースデータベース構築
オールアバウトとロックオン、閲覧者の「愛着心」や「思い入れ」を可視化する分析を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5