SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook、位置情報を使った新広告サービス「Local Awareness Ad」提供開始

 「Local Awareness Ad」は、会社や店舗の近くにいる人のグループに対して広告を表示するもの。広告作成は、まず、プロモーションしたいFacebookページを選択し、店舗などがある住所を入力する。そして広告したい範囲を、たとえば店舗の周囲1マイルなどと設定する。

カバーする範囲が地図上に表示される
カバーする範囲が地図上に表示される

 設定情報はすべて、広告を表示するオーディエンスを作成するのに使われる。オーディエンスは店舗の近隣に住む人、最近店舗の近くを訪れた人が含まれる。広告主がオーディエンスの年齢、性別を選び、予算、広告期間を設定すると、1日あたりリーチ可能な人数が表示される。最後に画像とテキストを設定。広告には店舗への情報を提示する「Get Directions」ボタンや、「Like Page」ボタンを設置できる。

 Local Awareness Adにおいて、広告主は特定の個人ではなく場所を選択する。Facebookは広告主に特定の個人がオーディエンスに含まれるかを伝えないとしている。そしてその他の広告プロダクトのように、すべてのオーディエンスのサイズは必要最小限になるよう設定される。

 一方、ユーザーは、自身がFacebook上でシェアした最近の位置情報についてコントロールすることができる。また、広告が表示されるのは、携帯端末で位置情報サービスが動作可能になっている場合のみ(位置情報サービスが動作可能になっているかは、端末の設定メニューで確認できる)。Local Awareness Adはまず米国で提供を開始し、数か月後にはグローバル展開する。

【関連記事】
FacebookがAudience Network正式提供、サードパーティアプリでターゲティング可能
Facebook、キャンペーン管理ツール「Atlas」提供、Omnicomがパートナーに
Google AdWords、動的リマーケティングを全業種で利用可能に
NTTレゾナント、観光情報提供の実証実験に位置情報連動型レコメンド配信サービス技術を提供
コロプラとKDDI、位置情報データを活用した商圏分析レポートを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/09 12:55 https://markezine.jp/article/detail/21056

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング