SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ

おしゃれなネットショップを始めよう[2]「無料」で「集客」できるソーシャルメディア活用方法


 おしゃれなネットショップを立ち上げてステキなモノを売るには? アパレルネットショップ「101064」を運営するニューエイジの金子さんがノウハウを教えます。第2回はソーシャルメディアについて、です。

あのおしゃれショップも使ってる!ソーシャルメディア活用方法

 第2回目となる今回は、「無料」で「集客」できるソーシャルメディアの活用方法をお届けします。私もセミナーなどに出させていただくと、ソーシャルメディアについての質問をたくさんいただきます。

 ソーシャルメディアは基本的にどのサービスも無料なので、小さなお店でも利用できます。それぞれ特徴があるので、それを踏まえて活用していきましょう。

 まずは、実際にソーシャルメディアを上手に活用しているECサイトを紹介します。

ソーシャルメディア活用事例1:SOPHNET.

 非常に上手に利用されているので、私もよく参考事例として紹介しています。サイト右上に、活用しているソーシャルメディアの一覧がボタンで確認できます。

http://www.soph.net/

 数多くのソーシャルメディアに対応していて、ユーザー側で好きなメディアから最新情報を取得できるようにしています。商品写真にも統一感があり、カタログを見ているかのようです。

ソーシャルメディア活用事例2:海外J.CREW

 先日、ユニクロが買収か?の報道があった企業です。こちらのサイトは、右下にもソーシャルボタンが配置されています。

http://www.jcrew.com/

 スタイリングやイメージカットを豊富にソーシャルメディアへ配信している好例です。Pinterest(ピンタレスト)のボードの使いかたなど、参考にできる部分が多くあります。

 次からは、それぞれのソーシャルメディアについて、使いかたと特徴を見ていきます。

この3つだけは!マストなソーシャルメディア

  • Facebook(フェイスブック)
  • Twitter(ツイッター)
  • Google+(グーグルプラス)

 この3つのサービスは必須です。次ページから詳しく解説していきます。(続きはECzineで

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
Yahoo!ショッピングに出店すべきか 儲けとスマホ対応から考える
主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

金子 洋平(カネコ ヨウヘイ)

1979年生まれ。大学卒業後、GMOインターネットにてマーケティング、新規事業立ち上げを経験後、起業。「ファッションメディア」、「ファッションEC」の会社を11年経営し、2016年よりアプリ運営プラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。●Yappli:https://yapp.li/ ●ブロ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/11 20:05 https://markezine.jp/article/detail/21148

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング