SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ

今までのウェブサイト、いらないかも? Tumblr(タンブラー)でオシャレなブログをはじめよう

 アパレルネットショップ「101064」を運営するニューエイジの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。

 今回、ECサイトを運営する皆さんに紹介するのは、個人的にとても素晴らしいサービスだと思っているブログサービス「Tumblr」(タンブラー)です。

 2007年にサービス開始で、日本語版も2011年にはじまりました。まだ日本での認知はそこまでですが、普通のブログを書くにしても、企業オフィシャルサイトを構築するのにも適している、とても使い勝手の良いサービスです。

なぜ今さらブログなのか?

 よくセミナーなどでもブログの重要性を話していますが、なぜ今さらブログを書く必要があるのかと言われます。

 確かに、SNSが普及してわざわざ手間のかかるブログを書くのは面倒だし、読む人もいないのではと思われるかも知れません。

 しかし、ブログは読まれます。そしてどのサービスよりもファンを増やすのに近道だと考えています。

 「類は友を呼ぶ」のです。店長やスタッフのブログを通じて発信される情報はお店の顔ですし、書かれている内容はお客様の共感を呼び、ファンになります

Wordpress(ワードプレス)よりもTumblrを薦める理由

 確かにリッチなコンテンツを作るのにWordPressは向いていますが、初心者の方には少し難しい部分も多くあります。レンタルサーバーを借りて、インストールして、カスタマイズしてとややハードルが高く、何かトラブルの際対応が難しいのです。

 もちろん勉強して、運営することもできますがオススメしません。店長のやるべき業務は多く、もし勉強するのであればお店の規模を大きくしてウェブデザイナーを雇うほうが良いと思います。

 Tumblrを使うことで、上記のレンタルサーバーを借りて~インストールの部分は省くことができます。

私の個人ブログもTumblrです

http://kaneko.tv/

 完全に手前味噌ですが、私の個人ブログもTumblrを利用しています。以前まではWordPressでブログを運営していましたが、今はTumblrです。

 独自ドメイン kaneko.tv を取得して、それをTumblrに設定して、そこから各種SNSに共有するようにしています。検索エンジンへの反映も悪くなく、SEO的にも問題はなさそうです。

 EC業界のニュースやファッションについてのことを書いていますので、お時間があればぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 ブログではなく、公式サイトとしてTumblrを活用する企業も出てきています。いくつか例を見ていきましょう。(続きはECzineで

【関連記事】
「何でもやんなきゃダメでしょ」 EC売上前年比173%!メガネスーパーが取り組んだ改善策とは
EC戦国時代、事業者は何を選びどう差別化するのか[ECみらい会議レポ]
ASPかオープンソースか 創造的な自社ECサイトをつくるための「ショッピングカート」の選びかた
[対談]「ECは感情価値7割」アラタナ濱渦さん✕集客は自動化し「注文が来たら送るだけに」メタップス佐藤さん
直帰率が高いのは、新規・リピートどっちもか? 「Tableau(タブロー)」でクロス集計・フィルタリングする

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/06 14:00 https://markezine.jp/article/detail/21153

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング