SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DataXu、広告詐欺の割合が投資額の3%を超えると払い戻す新サービス

 デジタル広告の進化によって取引が自動化し、膨大な量の広告がさまざまなデバイスに表示されるようになる一方、不正な方法で広告費を得る「広告詐欺(Ad Fraud)」の問題がクローズアップされるようになってきた。

 広告詐欺はロボットプログラム(ボット)を使って不正な広告のビュー、クリック、サイト訪問を生み出したり、人間が目視できないような状態、たとえば非常に小さな広告枠に広告を表示してインプレッションを稼ぐ。これらのトラフィックはコンバージョンや購買行動につながらないにもかかわらず、広告主はその対価を支払わなければならない。

 プログラマティックなマーケティング・ソフトウェアを提供するDataXuがリリースした「97% Fraud-Free Guarantee」は、DataXuのエクスチェンジメディアにおいて、広告詐欺の割合が顧客のひと月の広告投資額の3%を超えたとき、自動的に払い戻しが適用される。

 DataXuは、デジタルマーケティングの品質を高めるさまざまなソリューションを提供しているDoubleVerifyと戦略的パートナーシップを結んでおり、DoubleVerifyは詐欺の検知、および詐欺が行なわれていないことを保証するための分析を提供する。今回のサービスによって、DataXuのクライアントは入札前のボットおよびサイト詐欺の両方から保護される。

 DataXuのCEOであるマイク・ベーカー氏は、広告詐欺は業界全体の問題であり、それを防ぐ最も効果的な方法は彼らの収入源を絶つことだと語る。しかし、純粋なバイサイドのプレーヤーとして、DataXuは業界の上流のアカウンタビリティを十分に確認することができないため、顧客が安心してサービスを利用できるよう保証する方針にしたとコメント。このサービスは2015年第1四半期から、無料で全クライアントに提供される。

 米国ボストンを拠点とするDataXuはMITの航空学と宇宙航空学の科学者が創設し、デジタルメディアおよび家電に関する幅広い知見を持つ人物が共同創設者として参加して2006年に設立。高い技術力によってリアルタイムの意思決定が可能なプログラマティックマーケティングソリューションを提供している。

【関連記事】
IAB、広告詐欺を防止するためのガイドラインを発表
MRC、ディスプレイ広告と動画広告のビューアブルインプレッション測定についての最終的なガイドラインを発表
米Yahoo!、100%ビューアブルインプレッションをベースにしたディスプレイ広告の測定手法「Yahoo! Prime View」を発表
GroupM、2014年末までにオープンなアドエクスチェンジから広告予算を引き上げる方針
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行、その一方で透明性を懸念する広告主も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/10 14:30 https://markezine.jp/article/detail/21341

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング