SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Videology、LiveRampのデータを統合、TVオーディエンスターゲティングをモバイルに拡張

 動画広告プラットフォームを提供するVideologyは、Acxiom傘下のデータ・オンボーディングサービスを提供するLiveRampとの統合を発表した。LiveRampはブランドの顧客データベースをあらゆるマーケティングアプリケーションに接続することを可能にする。今回の統合によって、テレビ、オンラインビデオ、モバイルビデオを含む、クロススクリーンのプランニングとバイイングの能力が拡張される。

 オンボーディング(onboarding)とは、企業が保有するオフラインの顧客情報をデジタル化し、オンラインで接続可能な状態にすること。ユーザーデータセットを分析してセグメント化、匿名化し、ブラウザやデバイスと関連付ける。顧客のセグメントはアドネットワークやDMPに対して提供され、リターゲティングやオンラインキャンペーンのオフラインでの反応を測定することが可能になる。

 米国ではテレビは依然として支配的なメディアであり、米国人のメディア消費時間の41%を占めている。しかしこの割合は2011年からわずかに減少しており、反対にモバイルのシェアは4%から21%に増加している。さらにForrester Consultingの調査によると、広告主とエージェンシーの70%が、今後3年以内にテレビとビデオは包括的にプランニングされだろうと考えている。

 2014年前半から、VideologyはNielsenおよびその他のセットトップボックスデータとの直接的な統合を行ってきた。これによって、広告主は包括的なマルチスクリーンキャンペーンのプラン、実行、計測を可能になる。今回新たにLiveRampと統合することで、その能力をモバイルにまで拡張し、消費者が動画を見ているあらゆる場所でリーチすることが可能になる。

 VideologyはLiveRampのクロススクリーン・プライバシーに配慮したマッチングテクノロジーを活用する。LiveRampはひとつの世帯における、匿名化したモバイル端末のIDとクッキーをマッチングするが、そのプロセスでは、消費者がプライバシーに関して選択できるようオプトアウトのオプションを提供。プライバシーに配慮したターゲティングと計測が可能になる。

 またVideologyは10月に、Global TV Practiceという専門の部署を立ち上げた。これは広告主とメディア企業がクロススクリーンのオーディエンスエンゲージメントから収益を上げることを支援するもの。同社の現在の収益の50%以上はテレビのバイイングから来ている。Videologyは、テレビからモバイルまで、その対応能力を確実に高めつつある。

【関連記事】
Videologyと英Nielsen、TV視聴率データを用い動画ターゲティングをリアルタイムに最適化
アドビとニールセンが提携、テレビからスマホまで包括的な分析を可能にするプラットフォームを来年始動
Acxiom、オフライン顧客データをデジタル化するLiveRampの買収完了、アジアで展開強化
Acxiomと微博、中国初のプライバシーに配慮したオンライン&オフラインマーケティングを可能に
博報堂DYmpとアクシオム、メディアのオンライン&オフラインデータを活用し広告価値向上に取り組む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/12 20:00 https://markezine.jp/article/detail/21364

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング