SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアドチャイナ、バイドゥと業務提携~DSPを活用した訪日中国人向け広告商品共同開発・販売へ

 マイクロアドの中国現地子会社マイクロアドチャイナは、百度の日本法人であるバイドゥと業務提携し、訪日中国人向けパッケージ広告商品『MicroAd Inbound Targeting』の開発と販売を開始した。

 2014年9月に日本政府観光局が発表した訪日外国人旅行者の国別ランキングによると、2014年8月時点で中国人旅行者は韓国人旅行者を抜き1位となった。また2014年1~9月の訪日中国人旅行者は、前年同期比8割増の179万人を突破しており、年内には200万人に達すると予測されている。さらに、百貨店や大手ドラックストアチェーンなどの広告主による訪日中国人旅行者へのターゲティング配信のニーズが増加傾向にあり、百度日本法人の旅行・インバウンド関連のクライアント数は一昨年と比べて2倍以上に増加している。

 このたびの提携により、DSP「MicroAd BLADE」と百度が保有するアドネットワーク「Baidu Exchange Service」との接続が完了。「MicroAd BLADE」のリターゲティングやオーディエンスターゲティングなどのターゲティング広告配信技術と、百度が提供する検索連動型広告やモバイル向け検索連動型広告を組み合わせた商品『MicroAd Inbound Targeting』の開発・販売を共同で行う。

【関連記事】
ミクシィ、中国でも「モンスターストライク」を展開
Acxiomと微博、中国初のプライバシーに配慮したオンライン&オフラインマーケティングを可能に
トランスコスモス、中国企業と資本・業務提携~EC向け流通事業へ参入
電通、母親視点からマーケティング活動を支援する「ママラボ」を中国に設置
Criteo、北京にオフィス開設、中国での事業を本格化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/21 08:30 https://markezine.jp/article/detail/21425

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング