MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソフトバンク、東南アジア最大のタクシー配車アプリ提供企業へ約298億円出資

2014/12/08 17:15

 SoftBank Internet and Media社(以下、SIMI)とGrabTaxi Holdings(以下、グラブタクシー)は、ソフトバンクがグラブタクシーへ2億5,000万米ドル(約298億円/1米ドル119円で換算)を出資し、同社の筆頭株主となることに合意した。

 グラブタクシーは2012年の創業以来、東南アジアにおける最大のタクシー配車アプリ提供者へと急激に成長してきた。現在ではマレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシアの6か国内17都市においてサービスを提供している。このたびの戦略的投資とパートナーシップを通じて、SIMIは東南アジアにおいてソフトバンクグループのプレゼンスをさらに高めるとともに、グループ内インターネット企業群との連携によるシナジーの最大化を目指す。

【関連記事】
アプリでクルマを呼べる「Uber API」ローンチ、アフィリエイトプログラムもスタート
Uber Japan、都内でタクシー即時手配サービスをスタート
LINEの次なる戦略テーマは「LIFE」/決済・タクシー・地図・オープンIDなど新サービス続々発表
タクシーアプリ「Hailo」決済サービス提供開始~カードレス、サインレスでタクシー料金決済が可能に
kmグループ、「タクシー忘れ物防止システム」を開発、急増するスマホの忘れ物に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5