SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を公開

 LINEは、新機能として、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を、日本を含めた全世界で公開した。LINE Payは、キャリアやOSに左右されることなく、無料通話・無料メールアプリ「LINE」を通じてユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を行うことができるサービス。運営はLINE Payによって行われ、送金・決済処理やチャージ、口座振替は、LINE Payと各機関との間で連携・処理が行われる。

 同サービスは、LINEでつながっていれば、相手の銀行口座を知らなくても、メッセージやスタンプなどを添えて簡単にお金を送ることができる送金機能や、LINEのトークを通じて支払い要請を行う「送金依頼」機能、合計の支払額とLINE友だちの中から参加メンバーを選ぶだけで、均等に按分された金額を各メンバーに請求することができる「割り勘」機能などが搭載されている。

割り勘機能イメージ
割り勘機能イメージ

 なお利用は、LINE上でLINE Payアカウントを登録し、銀行口座振替・コンビニエンスストア・Pay-easy(ペイジー)での支払いを通じた事前チャージ(手数料無料)、もしくはクレジットカードでの支払い登録をすることで可能となる。

セキュリティについて

 同サービスはセキュリティ確保および不正利用の防止のため、ユーザーの本人確認の有無によって利用できる機能や金額が制限される。また、LINE Pay利用の際には、LINEの登録パスワードとは異なる専用パスワードの登録が必要。加えて、送金や決済など金銭が移動する機能の利用時や、端末の機種変更などによる別端末での初回ログイン時には、登録した専用パスワードの入力が必須となる。そのため、第三者によるLINEアカウントにログインが発生しても、LINE Payの機能は利用できない。

 また、PCサイトでの決済時にもLINEアカウントを登録しているスマートフォンと連携した認証が毎回必ず行われる。これにより、同社は「本人以外での不正な利用が極めて困難な仕様となっています」との見解を示している。その他、Apple Touch IDによる指紋認証でのパスワード照会や送金依頼の回数や金額などの諸条件によって不正な動きをするアカウントを検知・報告するモニタリングシステムも導入されている。

【関連記事】
日本オラクル、「Oracle Service Cloud」と「LINE ビジネスコネクト」の連携発表
トランスコスモス、LINEを通してカスタマーサポートを実現する新サービス
エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージック、LINEが音楽配信の新会社LINE MUSICを設立
LINEで飲食店の空席情報をリアルタイム検索!「LINEいますぐ予約」スタート
LINEのオンデマンドEC事業第一弾「LINE WOW」、渋谷エリア限定でソフトローンチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/17 08:00 https://markezine.jp/article/detail/21618

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング