SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ

ファッションECのキーワードは「コーディネイト」と「自撮り」 使える6つのサービス

 アパレルネットショップ「101064」を運営するニューエイジの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。

ファッションECのキーワードは「コーディネイト」と「自撮り」

 「おしゃれEC」通信と題するこの連載、第3回はファッションECについて書きたいと思います。

 年も終わりに近づいていますが、ファッションEC業界にとって今年は「コーディネイト」と「自撮り」(セルフィー)に注目が集まる年でもありました。

 EC業界としては無料カートの会員数が激増し、C2Cという新たなマーケットが創造され、業界としては激動の1年でした。

 来年に向けて、オシャレなネットショップが来年すべきことをまとめて行きましょう。

ファッションEC界の巨人が仕掛けるコーディネートアプリ「WEAR」

http://wear.jp/

 ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが無料で提供するコーディネートアプリ「WEAR」も注目を集めました。

 会員数も400万人(国内・海外を含む)を突破し、ZOZOの会員と合わせると1,000万人を突破したという発表がありました。

 WEARは法人での登録はできませんが、個人としては無料で利用でき、ネットショップ運営者も個人名であれば登録が可能です。

 自身のSNSに誘導をかけることもできるので、ファッションECをやっている方であれば利用してみても良いかと思います。(続きはECzineで

 

【関連記事】
「何でもやんなきゃダメでしょ」 EC売上前年比173%!メガネスーパーが取り組んだ改善策とは
EC戦国時代、事業者は何を選びどう差別化するのか[ECみらい会議レポ]
ASPかオープンソースか 創造的な自社ECサイトをつくるための「ショッピングカート」の選びかた
[対談]「ECは感情価値7割」アラタナ濱渦さん✕集客は自動化し「注文が来たら送るだけに」メタップス佐藤さん
直帰率が高いのは、新規・リピートどっちもか? 「Tableau(タブロー)」でクロス集計・フィルタリングする

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

金子 洋平(カネコ ヨウヘイ)

1979年生まれ。大学卒業後、GMOインターネットにてマーケティング、新規事業立ち上げを経験後、起業。「ファッションメディア」、「ファッションEC」の会社を11年経営し、2016年よりアプリ運営プラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。●Yappli:https://yapp.li/ ●ブロ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/27 14:00 https://markezine.jp/article/detail/21675

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング