SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」にCRMとO2O機能を連携

 LINE ビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」は、LINEビジネスコネクト(※)導入における、企業のシステム開発負荷を軽減し、簡単にLINE ビジネスコネクトでメッセージ配信ができる管理ツール。LINE上のユーザーと企業のユーザーを紐づけるIDシンク機能とメッセージ配信設定機能を搭載し、公式アカウントに近いUIの管理画面で感覚的に操作し、簡易なタグ設定のみで即日導入が可能。

 オプトは、この「TSUNAGARU」と、デジミホのCRMマーケティングツール「R∞(アールエイト)」、コネクトムが国内総代理店を務めるO2Oソリューション「Retailigence(リテーリジェンス)」機能の連携をスタート。「R∞」との連携により、企業は自社顧客の購買データや、サイト内行動データ、広告接触履歴などに基づき、ユーザーをセグメントし、メッセージ内容や配信タイミングをターゲティングして配信することが可能になる。

 また、「Retailigence」のデータベースへ在庫情報を共有することで、位置情報に連動して最寄りの店舗の在庫数をLINEのメッセージで配信したり、特定商品の周辺店舗での取り扱い情報をユーザーに届けることが可能になる。

※「LINEビジネスコネクト」
LINEが公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス。従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができる。

【関連記事】
LINEはスマホ時代のCRM基盤へ/DACなど9社、「LINE ビジネスコネクト パートナー」認定へ
日本オラクル、「Oracle Service Cloud」と「LINE ビジネスコネクト」の連携発表
「LINE ビジネスコネクト」導入企業増加が広告事業の売上牽引か【2014年7-9月期LINE業績】
三井不動産レジデンシャル、「LINE ビジネスコネクト」を活用した顧客コミュニケーション展開へ
LINE、セールスフォースとパートナーシップ締結~「LINEビジネスコネクト」と「ExactTarget」が連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング