SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三陽商会とNTTデータ「SANYOオムニチャネル基盤」を構築、hybrisのソリューションがベースに

 三陽商会とNTTデータは、店頭とECの融合・外部WEBサイトとの情報共有を行う「SANYOオムニチャネル基盤システム」を構築。同一基盤上で複数のEC店舗の運営や、店頭在庫も含めた在庫の販売などを行えるようにすることで、リアル店舗とEC店舗の融合を目的としている。

 今回、NTTデータが提供する外部サイトの連携を前提に設計された「BizXaaS オムニチャネル」をアパレル業界として初めて採用。自社店舗・ECサイトだけでなく他社のECサイトなどへ同じ情報を提供することが可能となった。システムは2015年夏より段階的な稼動を予定している。

 「BizXaaSオムニチャネル」は、独ハイブリスソフトウェア社のオムニチャネル・コマース・プラットフォーム「hybris Commerce Suite」をベースに、NTTデータの顧客接点領域の構築・運営のノウハウを組み込んだオムニチャネルソリューション。アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築し、Webサイトのアクセス状況に応じてスケール可能なソリューションとなっている。

【関連記事】
Turn、hybrisのECソリューションにDSPとDMPを提供
ハイブリス、コンテクスチュアル・マーケティング・プラットフォームを発表
小売業オムニチャネル「勝ち組」企業の戦略とは? 「システム全体の在庫の可視性」は最優先事項
プラスアルファ、「カスタマーリングス アパレルパック」リリース~アパレル通販のCRM支援へ
アパレル通販市場、10.8%増で1兆7,001億円へ拡大見込み【富士経済調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/13 12:00 https://markezine.jp/article/detail/22126

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング