MarkeZine(マーケジン)

記事種別

三陽商会とNTTデータ「SANYOオムニチャネル基盤」を構築、hybrisのソリューションがベースに

2015/03/13 12:00

 三陽商会とNTTデータは、店頭とECの融合・外部WEBサイトとの情報共有を行う「SANYOオムニチャネル基盤システム」を構築。同一基盤上で複数のEC店舗の運営や、店頭在庫も含めた在庫の販売などを行えるようにすることで、リアル店舗とEC店舗の融合を目的としている。

 今回、NTTデータが提供する外部サイトの連携を前提に設計された「BizXaaS オムニチャネル」をアパレル業界として初めて採用。自社店舗・ECサイトだけでなく他社のECサイトなどへ同じ情報を提供することが可能となった。システムは2015年夏より段階的な稼動を予定している。

 「BizXaaSオムニチャネル」は、独ハイブリスソフトウェア社のオムニチャネル・コマース・プラットフォーム「hybris Commerce Suite」をベースに、NTTデータの顧客接点領域の構築・運営のノウハウを組み込んだオムニチャネルソリューション。アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築し、Webサイトのアクセス状況に応じてスケール可能なソリューションとなっている。

【関連記事】
Turn、hybrisのECソリューションにDSPとDMPを提供
ハイブリス、コンテクスチュアル・マーケティング・プラットフォームを発表
小売業オムニチャネル「勝ち組」企業の戦略とは? 「システム全体の在庫の可視性」は最優先事項
プラスアルファ、「カスタマーリングス アパレルパック」リリース~アパレル通販のCRM支援へ
アパレル通販市場、10.8%増で1兆7,001億円へ拡大見込み【富士経済調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5