SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleが検索機能をアップデート~Google検索は「質問を理解して、答えを伝える」サービスに

 Googleはこれまで、音声検索や「今日の天気は?」といった自然な文章への対応など、検索機能のアップデートを続けてきた。今回同社は、検索の内容(質問)を理解し、最適な回答だと思われるウェブページの該当箇所を、検索結果のトップに表示する機能を追加した。

従来の検索結果(左)と本日からの検索結果(右)
従来の検索結果(左)と、本日からの検索結果(右)

 例えば、「Googleの由来」や「ブラジルの国旗の由来」といった質問をした場合、これまではキーワードに関連したウェブサイトが一覧で表示されるだけだった。今後は答えがウェブ上にある場合、「最も適切な回答を掲載したウェブサイトの回答箇所」がわかりやすく表示される。なお、同社 製品開発本部長 徳生裕人氏によると、ウェブサイト自体が検索結果のトップに上がっていなくとも、回答箇所が表示されることもあるとのこと。

 また同社は、3月20日より、「ふと浮かんだ疑問はGoogleにきいてみよう。」をテーマにしたCMとウェブ広告を展開。最適な答えを見つけるための検索サービスをアピールする。

【関連記事】
Google、初の実店舗をロンドンにオープン
Google、ゲームアプリのマネタイズ機能を発表
Googleアナリティクスにサイト内のマルウェア通知機能が追加される
「Google Wallet」アプリを一部Androidスマホにプリインストール、2015年後半から
地域情報などに応じたレシピを検索前に提案!クックパッド、Googleアプリ「Nowカード」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング