SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ハンドメイドマーケット「minne」、 登録作品数100万点、登録作家数10万人突破

 「minne」は、PC・スマホから個人が手軽にハンドメイド作品の展示や売買ができる、国内最大級のハンドメイドマーケット。2012年1月にサービスを開始して以来、同年10月には国内ハンドメイドマーケットの中でいち早くスマートフォンアプリを提供。2015年に入ってからは、広告出稿強化や画像共有アプリ「Instagram」をはじめとするソーシャルアカウントの開設による露出拡大、テレビCMを全国放映するなど認知拡大を推進、2月にはスマホアプリが累計100万ダウンロードを突破した。

 minnneではデパートなど大型商業施設での特設ショップ展開や、ハンドメイド大賞といった大規模なイベントの実施など、作家の活躍の場を増やす取り組みも行っており、現在、新潟伊勢丹では、北陸地方に初展開するショップ「新潟伊勢丹×minne 手作りマーケット」を期間限定で展開。活躍中の17人の作家による約1500点の作品を販売している(開催期間:3月18日(水)~3月24日)。

「新潟伊勢丹×minne 手作りマーケット」の出品作品
「新潟伊勢丹×minne 手作りマーケット」の出品作品

 こうした施策がハンドメイド作家のデビューや作品づくりの後押しにつながり、3月19日に登録作品数が100万点、3月20日に登録作家数が10万人を突破。登録作家数10万人は昨年3月と比較して約3.7倍の増加で、作品数もこれに伴って約2.7倍と増加している。今後は作品販売がさらに便利になる機能の提供を予定しており、3月中にアプリでのコンビニ決済に対応する予定だ。

【関連記事】
Facebook、CtoCの売買を可能にする新機能「For Sale Group」開始
ベネッセ、CtoCオンライン教育プラットフォームの米Udemyと提携、EdTechに参入
日本版「Etsy」となるか? 個人のハンドメイド作品を販売できるサイト「iichi」オープン
Tumblrに「Buy」ボタン、EtsyやKickstarterと連携
メルカリとヤマト運輸が提携、フリマ出品を手軽にする新サービスを開始、「匿名配送」も視野に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング