SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ECと実店舗を連動したオムニチャネル施策を検証!電通と爽快ドラッグ、テストマーケティングにおいて協業

 電通と爽快ドラッグは、爽快ドラッグが運営するEコマースサイトを活用したテストマーケティングにおいて協業していくことで合意した。同サイトで商品販売を行う企業向けに、より統合的なサービス提案とデータ活用、実店舗と連動したオムニチャネル施策などの検証を行っていく。

 広告コミュニケーションと売り場における販促活動を、より効果的に連動させたいという企業ニーズが高まっている。またサイトのリッチコンテンツ化し、Eコマースサイトを「買い場」としてだけでなく、「情報収集の場」として活用する動き(Eコマースサイトのメディア化)が注目されている。

 このような背景から、両社は今回の取り組みに至った。消費者ニーズに合致したサイトの構築をはじめ、より柔軟に商品を組み合わせたり、インセンティブ施策を講じたりすることで、顧客企業が求めるマーケティングROI(投資収益率)の向上につながる提案を協働して行っていく。また、実売データを用いることで、広告と販促施策の実効性を検証し、次世代型Eコマースサイトの構築や実店舗との連動など、オムニチャネルへの対応も視野に入れた新しいマーケティングスキームの開発にも着手する。

 テストマーケティングにおいては、複数の顧客企業とテストの開始に向けた協議を行い、「集客における訴求内容と商品パッケージの最適な組み合わせ」「ターゲティングの実効性」「インセンティブ内容によるCVR(実購入率)への影響」「Eコマースサイトと実店舗との相互送客の可能性」などを検証していく。

【関連記事】
電通、EC情報サイト「New Commerce Hub」公開、国内外の事例やデータを提供
LINE、オンデマンドEC事業に本格参入~フードデリバリーアプリ「LINE WOW」大幅刷新
スタートトゥデイ、アラタナを子会社化、EC支援事業を強化
自分にピッタリの本に出会える! DNPのキュレーション型ECリンクサービス 「MEETTY」
アプリと実店舗の連携を加速!IoTプラットフォーム「O:der Connect」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング