SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロックオン「アドエビス」、ブランドコンセプトを“マーケティングプラットフォーム”へ刷新

 ロックオンは、同社が提供する「アドエビス」のブランドコンセプトを、広告効果測定システムから“マーケティングプラットフォーム”へと刷新することを発表した。マーケティングプラットフォーム「アドエビス」は広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の大きく2機能に分かれる。今後はそれぞれ他社との積極的な連携により、機能を拡張していく。

 昨今、インターネットマーケティングは、従来型広告(リスティング広告)等の顕在層向け広告の競争激化を受け、潜在層向け広告のソーシャルメディアやコンテンツマーケティングへシフトするなど、急速に高度化、多様化している。同社はこの流れに対応するため、蓄積データを活用して、リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」や、プライベートDMPソリューションを提供する等、一気通貫したマーケティング統合環境の開発を進めてきた。このような背景の中、今まで自社で培った技術を結集し、同時に積極的な他社サービス連携によるマーケティング統合環境の提供を推し進める目的で、アドエビスを“マーケティングプラットフォーム”へとブランドチェンジするに至った。

【関連記事】
ロックオン、テレビがWEBに与える影響を分析できる「TVメタデータ連携」をアドエビスに搭載
ロックオンが分析レポーティングサビスを開始、アドエビス「計測・分析・教育・サポート」を実現
ロックオン、広告効果測定システム「アドエビス」をコアとしたプライベートDMPをライオンに提供
Ooyala、視聴状況に関するデータを一元的に統合分析するプラットフォーム「Ooyala IQ」発表
Domo、ビジネス管理プラットフォーム主要機能を公開 視覚化で迅速な意思決定を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング