SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、LINE ビジネスコネクトに対応したカスタマーサポート支援ツールをリリース

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)は、LINEが提供する企業向けシステムサービス「LINE ビジネスコネクト」に対応したカスタマーサポート支援ツール「CLINE by KARTE(シーライン バイ カルテ)」の提供を開始した。プレイド社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を活用し、開発したものをCCIが提供する。

 「CLINE by KARTE」は、「KARTE」のリアルタイムウェブ接客機能と連動しLINEを通じたカスタマーサポートを支援するサービス。ユーザーが問合わせ先企業のLINEアカウントと友だちになることで、LINEのトーク上から企業への問い合わせが可能になる。また、「KARTE」の顧客分析によるセグメント機能を活用することでメッセージ配信先を最適化し、LINEを通じてユーザーごとに異なるメッセージを配信することができる。さらに、企業の持つ顧客データベースとLINEアカウントを紐づけることで、より細かなセグメントが可能となり、CRM(顧客管理)ツールとして企業とユーザーとの継続的な関係構築を実現する。

【関連記事】
cci、10月より広告在庫資産運用サービス「I PM」の本格的な提供を開始
LINEから1ステップで応募!IMJ、LINE ビジネスコネクトを利用したキャンペーンシステム提供へ
スタートトゥデイ、「LINE ビジネスコネクト」を活用したゾゾタウンの公式アカウント開設へ
オプト、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」にCRMとO2O機能を連携
「LINE ビジネスコネクト」導入企業増加が広告事業の売上牽引か【2014年7-9月期LINE業績】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング