SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

情報感度の高いアジア女性のレポーターズ・パネル「博報堂亜女子会議」スタート

 博報堂は、アジア女性の最先端層をネットワークした「博報堂亜女子会議」を独自に構築、活動を開始するとともに、ホームページをオープンした。

 「博報堂亜女子会議」は中国、インドネシア、韓国、マレーシア、ミャンマー、タイ、ベトナムのアジア7か国約50 名の、社会への洞察力と情報発信能力を兼ね備えた女性たちで構成されるレポーターズ・パネル。メンバーは都市部在住、20~30 代前半の未既婚女性(既婚の場合には子供はいない)で、大学を卒業している、もしくは在学中、仕事に就き自分のためにお金を使う傾向にある、などの条件をクリアしている、生活マインドの髙い女性が参加している。

  同取り組みでは女性ファシリテーターが、メンバーとメールやSNSを介して調査を行い、女性たちの本音を引き出し、各国で同時に意見を聞くことで、各コミュニティの特性を把握、比較することが可能。定期的に調査を実施し、女性たちの目で捉えた「トレンド情報」や、生活意識と価値観から生まれる「生活インサイト」を収集分析し、クライアント企業への戦略提案を行っていく。

【関連記事】
電通が地方創生特化のプランニングチーム「ギャルラボ@」発足
DACと日本の「食」を中心としたインバウンドメディアYummy Japanが資本業務提携
アジア地域モバイル市場のトレンドを把握!ExchangeWire.jpが7月にイベントを開催
博報堂DYグループ4社、 ECサイト上での購買行動を軸にしたシステムを開発・実証実験スタート
博報堂、1960年以降の社会を映し出す「ことば」を集めたサイト「ことば社会年表」を開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/10 10:00 https://markezine.jp/article/detail/22583

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング