SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

4つの「バズるポイント」で振り返る、2015年上半期話題になったYouTube動画広告

 Googleは、国内で2015年上半期に話題になったYouTubeの動画広告を分類し、大きく4つのジャンルに分けて発表した。

1.視聴者間やウェブメディアでの共有を促進させる動画広告

 再生回数が伸びる動画広告の多くは、YouTubeだけの視聴ではなく、ソーシャルメディア、動画キュレーションサイトなどのウェブメディアで共有されることにより、話題性が高まる。この「視聴者による共有」を創出する上で大切なポイントとして、同社は以下の3つのポイントを挙げている。

・「やってみた」「踊ってみた」といった「動画フォーマット」
YouTubeでは、なかなか日常生活ではありえない斬新なチャレンジや、大人数で1つのテーマに挑戦する様子を撮影した「やってみた」「踊ってみた」という動画フォーマットが、視聴者の支持を得ている。

・話題性を作る「キャスティング」
人気のタレントやアーティストを起用したプロモーションはもちろん、動物やペット、アニメ・ゲーム系に関連したタレント、キャラクターも、YouTubeの視聴者から大きな支持を得ている。また、動画のストーリーに関連性の高い出演者を起用するなど、キャスティングに工夫を凝らすと視聴者の興味を得られやすい。

・言語にとらわれないコンテンツ作り
映像を見るだけでストーリーが理解できる演出や、ストーリーを理解するにあたって言語の障壁が低いコンテンツは、日本国内の視聴者に向けた動画であっても、海外で話題になる可能性を持っている。そして、海外で話題になった日本の動画は、国内でも再度注目される傾向があり、国内での視聴数の伸びにもつながる。

 また、同社は上記の要素を満たしている動画広告として、トヨタのスポーツカーブランド、TOYOTA G’sの「G's Baseball Party」やNTTドコモの「3秒クッキング 爆速餃子」などを例に挙げた。

「G's Baseball Party」
トヨタ「G's Baseball Party」

2.人気YouTuberとのコラボレーション

 企業が人気YouTuberと制作した動画広告も再生回数を伸ばしている。広告主が広告動画の演出・企画を全て行うのではなく、クリエイターのコンテンツの特徴や感性に沿って制作された動画をクリエイター側のチャンネルに掲載する。その中で、商品・サービスのプロモーションを実施することにより、YouTube上に存在する多数のファンに効率良くリーチすることができる。

 同社は事例として、はじめしゃちょーと資生堂がコラボレーションした「真夏の環境でも涼しくいられる方法」や丸亀製麺と木下ゆうかがコラボレーションした「【大食い】釜揚げうどん6人前&全種類【木下ゆうか】」などの動画広告を挙げている。

「真夏の環境でも涼しくいられる方法」
はじめしゃちょー×資生堂「真夏の環境でも涼しくいられる方法」

3.タイムリーで話題にあがるイベントや季節性を活用したストーリー展開

 年間のイベントや、季節性と共に変化する視聴者の興味や需要を捉えたストーリーの動画広告も多く公開することで、日本のみならず、海外でも視聴されている動画広告もあった。

 たとえば、auの「SYNC YELL ~ 上京した瞬間に、地元からのサプライズエール ~」やトヨタの「Loving Eyes - Toyota Safety Sense」はこの要素が反映されている。

「Loving Eyes - Toyota Safety Sense」
トヨタ「Loving Eyes - Toyota Safety Sense」

4.テレビCMの有効活用

 多くの企業が、通常のテレビCM用の素材に加えて長尺版をYouTubeに掲載し、プロモーションのプラットフォームとして活用している。中でも、話題性の高いテレビCMの効果はYouTubeにも及んだ。同社では、auのテレビCM「三太郎シリーズ」やコカ・コーラ「スプラッシュスライダーのすべて篇」といった動画広告を事例としている。

「三太郎シリーズ」
au「三太郎シリーズ」

 今回、2015年1月1日~6月10日に投稿された動画の中から、動画の人気(自然に発生した再生回数)とプロモーション(広告から発生した再生回数)に加え、動画広告としての斬新さ、ユニークさなどを考慮して選出している。なお、多くの視聴回数を獲得している動画でも、海外を含むYouTube動画広告出稿の有無、自然動画視聴の比率など、複数の要素によってリストに入っていないものもある。

【関連記事】
GMO TECH、動画広告DSPを提供するチューブモーグルと販売契約を締結
Facebook、新たな動画広告の購入方法「コスト・パー・ビュー購入」を発表
CyberZ、YouTube動画広告「TrueView」の効果計測に対応
YouTube、2014年の動画広告トップ10を発表、合計10億分以上見られた人気動画が勢ぞろい
「DACプレミアムインリードビデオネットワーク」、スマートデバイスへの動画広告配信を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング