SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Logicad、不正広告対策ツール「Black Heron」へ接続、無駄な広告費を削減

 ソネット・メディア・ネットワークスは、同社DSP「Logicad」に関するオンライン広告取引RTBにおいて、Momentumのアドフラウド(不正広告)対策ツール「Black Heron」への接続を行う。アドフラウドとは、無効なインプレッションやクリックを稼ぎ、広告費用に対する成約数や広告効果などを水増しする不正広告をいう。近年、北米を中心にアドフラウド対策による「bot」への広告出稿や、広告主の意図しないサイトへの広告出稿を防ごうとする動きが増えている。

アドフラウドの仕組み

 今回接続する「Black Heron」は不正なオンライン広告取引の監視・対策ツールで、独自のアルゴリズムによるフラウドスコアを活用することで、「bot」やコンバージョンしないユーザー、媒体への出稿回避を実現することができる。同サービスとの接続は本年11月を予定している。

【関連記事】
ソネット・メディア・ネットワークス、人工知能を搭載した『Logicad潜在顧客ターゲティング』を開発
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、SSP「PubMatic」へRTB接続開始
ソネット・メディア・ネットワークス『Logicad』、Platform ID『Xrost SSP』と接続
ソネット・メディア・ネットワークス、DSP「Logicad」で「類似ユーザ」配信
DAC、広告配信プラットフォーム「i-Effect」、DSP「Logicad」へのASP提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング