SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

Instagramの“タグ機能”を活かした、オールドスパイスの『ゲームブック』プロモーション


 日本でもじわじわ注目を集め始めているInstagram活用。どうしても、誰が投稿するか・どんな写真を投稿するかを考えがちですが、工夫次第で“楽しい”プロモーションも可能なんです。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:USA
 企業/ブランド:Old Spice
 業種:香水

「タグって選択肢になるじゃん」と誰かが言ったかは謎ですが……

 若年層を中心に利用者が急拡大している画像動画共有SNS・Instagram。特にアメリカではアクティブユーザーの伸びが顕著で、Instagramを活用したプロモーションが活況を迎えています。今回はそんなInstagramを使った数あるケースの中でも、“タグ付け機能”を活かした男性用香水ブランド「Old Spice(オールドスパイス)」の最新プロモーションをご紹介します。

 施策のコンセプトは、ユーザーがOld Spiceのアカウントで、Instagramのタグを使ってゲームを楽しめる『ゲームブック』です。ちなみに、ゲームブックとは、読者の選択によってストーリーの展開と結末が変わるように作られ、ゲームとして遊ばれる書籍を指します。代表的な作品に『きみならどうする?』[原題:Choose Your Own Adventure]があり、今回の施策もそれに着想を得ているそうです。

 Instagramユーザーにちょっとしたゲームを楽しんでもらうために、Old Spiceが同社のアカウントにはじめに投稿した画像がこちら。

 

 

 暗い洞窟の中、今まさに青年が目覚めた様子をアメコミ調の一コマで描いています。テキストによる説明には、遠くに見えるかすかな明かりの方へ向かうか、目の前にあるオールドスパイスのボトルを手にするか、どちらかを選択するように書かれています。

画像右下に「Tap to choose」とあるので、これをタップ(クリック)すると……

 上の画像のように、明りの方には“go.toward.light”、ボトルの方には、“grab_oldspice”とタグが表示されます。そしていずれかのタグをタップすると、次のシーンの画像が表示され、さらにそこでタップするとまたタグが出てきて、自らの選択(意思)で次々とストーリーが進行していくという仕掛けです。

 ほんの少しだけ先のシーンをご紹介すると、“go.toward.light”を選んだ場合は以下の画像が表示されます。

 

 

 一方、“grab_oldspice”を選んだ場合は以下の画像が表示されます。

 

 

 なお、本家『ゲームブック』と同様に、1つの画像で必ずしも2つの選択肢(タグ)が提示されるわけではなく、3つや4つタグが表示される場合や、1つしかなくゲームオーバーとなる(戻るしか選択肢がない)ケースもあります。以下画像は4つ提示されているシーン。

 ロボットやモンスター、様々なジョークが散りばめられた“Instagramを使ったゲームブック”を是非一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

先週の紹介キャンペーン

 バイオメトリック技術で実現した“高鳴るドライバーの鼓動”を車体に映した『レクサス』の前衛的な取組み

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/11 20:35 https://markezine.jp/article/detail/22938

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング