SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

煩雑なデータ管理を効率化!ネットショップ店長さん強力支援ツール


ECサイト運営が軌道に乗るにつれて、多様なショッピングモールとのデータのやり取りなどのサイト管理に労力を奪われた経験を持つ人も多いだろう。ECサイト運営には管理自動化できるツールが不可欠だ。そこで、「ネットショップで快速販売」をキャッチフレーズにうたい、独自の技術でECサイト管理の効率をアップする株式会社サイオの「速販」に注目した。

複数ショッピングモール対応の専用管理ツール

株式会社サイオ 柏 貴光氏

「ECサイトには、成長の過程で必ずと言ってよいほど大きな壁があります。商売が軌道に乗ってくると取引先のショッピングモール数を始め、商品点数や顧客数もどんどん増えてきます。そうした“売りは立つが、さばくのに精いっぱい”の地点で足踏みを続け、悩むサイト経営者も少なくありません。

 一般に、月の売上高が100万円くらいが最初の壁だと言われています。しかしECサイトの場合、すぐに人手を増やすといった対応をとれるケースは多くありません。そこで、ECサイトの管理に特化した専用ツールが必要になってくるのです。当社の『速販』は、まさにそうした壁を乗り越えて成長していただくために有効なツールです」と、株式会社サイオ 営業・マーケティンググループ マネージャーの柏貴光氏は語る。

 『速販』の第一の特長は、複数のショッピングモールに対応しており、これらのモールへの商品掲載や注文の取り込みといった作業が、一括で行える点だ。商売が伸びるにつれ、最初は1か所のショッピングモールだけだったのが、あちこちのモールに進出するようになる。そうなると、各モールごとに個別に対応しなくてはならなくなり、気がつくと商品データや注文の管理だけで精一杯。ショップのコンテンツの内容にまで手が回らなくなっている。

 「これが『速販』ならば、全部の取引先サイトを一括で管理できるのです。オプションで『ビッダーズ』といった主要モールはもちろん、自社サイトが構築可能な『Eストアー』にも対応しており、ここに含まれるモールであれば、ひとまとめに管理が可能です」

作成(あるいはモールからダウンロードした)商品データを一覧で表示

 たとえば、新商品が入荷してきたとする。今までは掲載先の各モールごとに個別にログインして商品を登録し、注文が入ってきてからも個別に取りまとめて…という気の長い作業を繰り返すしかなかった。しかし『速販』では、各モールのログインIDやパスワードを一度入力しておけば、ログインからデータ登録・収集、はてはサンクスメールから発送用の帳票出力までがすべて一括で行える。このためユーザーの仕事は、新商品を仕入れたら、一回だけ『速販』に登録すればよい。あとは『速販』が、各モールへの登録業務を自動でサクサク済ませてくれるのだ。

受注データはメールソフト感覚で表示、編集できる

自動ログイン機能

 「自動ログイン機能は、『速販』の大きなセールスポイントの一つです。しかも『速販』は基本的にクライアント型のアプリケーションなので、ログインIDやパスワードはパソコンの中に暗号化して保存されます。従ってサーバーを準備し、そこにパスワードなどを置いておく必要がない。つまり、サーバーのセキュリティ管理リスクもありません」。

 管理画面などのインターフェイスのわかりやすさも、注目ポイントの一つだ。『速販』では専用管理ツールの画面を経由してすべての設定や操作ができるようになっており、Webブラウザ感覚で簡単に操作できる。たとえば商品のアップロードもドラッグ&ドロップで画像データを作成して、ボタンのクリック一つで完了できるという。

「速販」の詳細はこちらのページからどうぞ!

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ECサイトの管理からツール自身のアップデートまですべて自動化の手間いらず

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Office Louge 工藤淳(オフィスローグ クドウアツシ)

IT系出版社勤務を経て独立、現在フリーランス。もともと文系出身なので、「非技術者が読んで意味がわかるか?」を考えながら書くのが得意。とはいうものの、楽器から建築、自動車まで何でも注文があれば書いてきたのが、気がついたらIT専門のような顔をして仕事をしているというのはナイショ。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/27 15:57 https://markezine.jp/article/detail/2295

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング