SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2018年、SSP取引流通額は434億円規模に~スマホ向け広告が貢献【VOYAGE GROUP調査】

 VOYAGE GROUPは、シード・プランニング内の調査機関デジタルインファクトと共同でSSP広告取引流通総額に関する調査を行った。

2018年には434億円の取引流通額に

 SSPの広告取引流通総額は、プログラマティック取引市場の拡大によるDSPやアドネットワークなどの広告配信を受け、過去継続して拡大を続けてきた。今回の調査の結果、2015年の予測される広告取引流通総額は、対前年比135.1%の277億円。今後は、これまでSSPの取引流通額の増加をPC向け広告からスマートフォン向け広告がけん引していく形にシフトすると調査では予想している。

 また動画広告やネイティブ広告など広告フォーマットの変化で新しいタイプの広告流通が増加し、取引流通額の増加が見込まれる。これらの要因を踏まえ、2018年のプログラマティック市場におけるSSP取引流通額は434億円規模に達すると予想している。

SSP広告取引流通総額 デバイス別推計・予測(単位:億円)

2015年にスマホ向けの広告取引がPCを上回る

 2011年頃より普及が進んだプログラマティック取引市場もPC向けからスマートフォン向けに需要が拡大し、動きが進んでいる。2015年の市場規模は、対前年比119.6%の2,250億円と順調に拡大。デバイス別の内訳は、PC向け需要は、対前年比103.2%の1,015億円、スマートフォン向け需要は、対前年比137.5%の1,235億円とスマホがPCを上回る結果になると予想している。

プログラマティック取引市場規模 デバイス別推計・予測(単位:億円)

【調査概要】
・調査対象:国内プログラマティック広告市場関連事業者(DSP、SSP、アドエクスチェンジなど)
・調査方法:VOYAGE GROUPおよびデジタルインファクトの保有データ、事業者ヒアリング、公開情報
・調査期間:2015年4~7月

【関連記事】
Nielsen、データプロバイダーのeXelateを買収、プログラマティックな広告取引に活用
Time社、プログラマティックバイイングを印刷媒体に拡大、MediaMathのプラットフォームを活用
Platform ID、プログラマティック・ダイレクトを活用したターゲティング広告配信スタート
SSP「Kauli」プライベート取引への対応強化~PMPをはじめとしたプログラマティック広告販売へ
米広告業界団体が選んだ今年の“マーケティング流行語大賞”は「プログラマティック」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/08/26 16:30 https://markezine.jp/article/detail/22994

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング