SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イノーバ、「Cloud CMO」をマーケティングオートメーションツールとしてリニューアル

 イノーバは9月16日にコンテンツマーケティング運用に特化したクラウド型ソフトウェア「Cloud CMO」の機能を強化し、マーケティングオートメーションツールとしてリニューアルした。同ソフトウェアでは、CMSによる企業のサイト構築からコンテンツやマーケティングのパフォーマンス評価、見込み顧客の「集客・獲得・育成」の3ステップを、1つのツールですべて解決する。

 コンテンツマーケティング支援を行う同社では、マーケティングオートメーションツールの必要性を感じていた。しかし既存のマーケティングオートメーションシステムは煩雑で、特にチームの人数が少ない企業や、デジタルマーケティングに本格的に取り組めていなかった企業には、扱いが難しい現状がある。

 そのため同社では、顧客から寄せられていた要望をもとに、マーケティングオートメーションに必要な集客・獲得・育成に関する各機能の強化を行った。これにより、担当者は複数のシステムを使いこなさなくとも、次に何を行うべきか、マーケティングのあるべきプロセスを導き出すことができるようになった。

【関連記事】
アイレップ、「コンテンツマーケティング総合研究所」を設立~ナレッジ開発と人材育成目指す
現在コンテンツマーケティングの実施企業は83%/課題は「効果を図る指標ない」【グルーバー調査】
ユミルリンク、MAツールと連携~リテンション施策メールの自動配信機能を追加
シンフォニーマーケティング、MAを支えるデータマネージメントサービス開始
オウンドメディアからネイティブアドの簡単出稿を実現!イノーバ「Cloud CMO」、ログリーと連携へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/18 16:00 https://markezine.jp/article/detail/23118

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング