SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

盛り上がりを見せる動画ストリーミングアプリ、米・中・英で人気のアプリとは?【App Annie調査】

 App Annieは、動画ストリーミングアプリ市場動向レポート『世界で急成長するモバイル動画ストリーミング市場』を公開した。同レポートでは2014年8月から2015年7月の12か月間、米国や英国、中国における主要な動画ストリーミングアプリを対象にリサーチを行い、市場のトレンドを形成する重要な要素を明かしている。コンテンツの嗜好や旧来のテレビ業界の構造の国による違いが、各動画ストリーミングアプリの人気やダウンロード数、収益、利用状況に与える影響について分析した。

米国、中国市場における、動画ストリーミングアプリの急成長

 動画ストリーミングアプリ分野は、収益が米国において前年比3.2倍、中国で9.6倍と高い成長率を記録するなど、大きな成長を見せていることがわかった。米国ではHBO NowとHuluが増収の大部分を占めている。

国で変わる人気アプリの顔ぶれ

 人気アプリの傾向も国によって異なる。米国では上位アプリの顔ぶれが最も多様で、インターネット専門業者、放送局、ネットワーク、スポーツリーグが上位のアプリを提供している。英国は、伝統的な放送局がダウンロード数ランキングを独占し、スポーツ系アプリが収益ランキングをリードしている。中国に関してはインターネット複合企業、独立系動画ストリーミングプロバイダーがダウンロード数と収益をともにリードしており、コンテンツのポートフォリオは多彩であることがわかった。

月間アクティブユーザーが3か国ともに高いのはYouTubeとNetflix

 月間アクティブユーザー数トップ10にランクインした動画ストリーミングアプリは、国ごとに大きなばらつきがあった。複数国でトップ10入りしたアプリはYouTubeとNetflixのみ。

【関連記事】
定額制音楽ストリーミングサービス認知度1位は「LINE MUSIC」/サービス出揃い待つ層も
DeNA、ライブ動画ストリーミングプラットフォーム事業を会社分割~SHOWROOM株式会社新設へ
電通デジタル・ホールディングス、音楽ストリーミングサービスのSpotifyへ出資
動画をタッチして商品購入できるアプリ「SHOWHALL」リリース~動画配信サイトもスタート
アジアのスマホ利用者の半分以上がメッセージアプリを利用/20代の3割以上は2台を併用【電通調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/30 15:00 https://markezine.jp/article/detail/23159

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング