SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYグループ、3D仮想空間マーケティングの専門チームを新設

 博報堂DYグループ・i-ビジネスセンターは、3次元(3D)インターネット領域でのマーケティング・コミュニケーション手法の開発やビジネス開発を行う専門チーム「3Dインターネットラボ」(3Diラボ)を新設した。

 「3Diラボ」は、博報堂DYグループiBCセンター長である勝野正博氏をリーダーとして、20名のスタッフによって構成。3Dインターネット仮想社会を、生活者との絆(エンゲージメント)を創る回路としてとらえ、マーケティング支援ビジネスを本格的に提供する。同センターが構築した「SIM」と呼ばれるセカンドライフ内のスペース「WITH」をコミュニケーションのプラットフォームとし、マーケティングやPR、広告などへの展開方法の提案から、セカンドライフ内の実際の店舗の構築・運営、効果測定までを一括で請負う。

 また、すでにセカンドライフへの参入を果たしている企業とのコンテンツコラボレーションを実施したり、「WITH」の活動に関心のある企業やコミュニティなどの一般ユーザーにもこのスペースの利用を開放する予定だという。

【関連リンク】
プレスリリース:「博報堂DYグループ、3次元インターネット仮想社会に関する専門チーム「3Dインターネットラボ」を本格稼動」
「今なぜ、セカンドライフ雑誌が創刊ラッシュなのか?」
「「爆発するソーシャルメディア」セミナーで、電通と博報堂がセカンドライフに言及」
「セカンドライフ超え? 群雄割拠する3次元仮想世界」
「mixi(ミクシィ)とSecond Life(セカンドライフ)をAlexa(アレクサ)で比べても無意味な理由とは?」

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/14 13:12 https://markezine.jp/article/detail/2336

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング