SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報

【レポート】Yahoo!で順位が急落したページの徹底調査で浮かび上がったあのサイトがランクダウンした“ワケ”

今月上旬、Yahoo! JAPANは検索アルゴリズムのバージョンアップを行い、それに伴い検索結果の順位変動が発生しました。これによりランクダウンしたサイトを徹底調査しその傾向を探りました。

Yahoo!検索のアルゴリズム変更に伴い、検索結果3000URLを調査

 12月初旬に、Yahoo!検索アルゴリズムの変更が行われました。これを受け、弊社にて12月10日に最新の検索結果3000URLを調査。今回のアルゴリズム変化の特性を探りました。

2007/12版 Yahoo!検索上位ページのSEO対策状況は?

 調査結果の概要は以下の通りです。

 ※下記調査結果は一部です。seo-suiteツール内にて、より詳細な情報を公開しております。

Yahoo! 調査項目 2007年9月
平均値
変化 2007年10月
平均値
変化 2007年12月
平均値
 内部対策
 総単語数 1091語 1154語 1095語
 <title> 中のキーワード出現回数 1.3回 1.4回 1.3回
 <meta> 中のキーワード出現回数 4.2回 4.4回 4.2回
 <h1> 中のキーワード出現回数 0.6回 0.6回 0.6回
 ドメイン経過年数 7.0年 6.4年 6.3年
 外部対策
 インデックス数 213,778ページ 379,131ページ 422,749ページ
 被リンク数 382,305件 425,700件 351,213件

上位ページの30%が上位から消え、100位以内は43%が100位圏外へ落ちる

 調査対象3000URLを、アルゴリズム変更前のデータと比較致しました。

 11月の調査時に、10位以内だった上位ページの30%が11位以下にダウン、100位以内は実に43%のページが100位圏外にダウンしました。

Yahoo!ランキング変動調査(12月)
調査日:2007/12/10
256KB

順位変動の推移
順位変動の推移

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
順位が急落したページ149URLを調査~ランクダウンの原因を探る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

(株)スプール 八百谷 真(ヤオタニ マコト)

株式会社スプール 代表取締役。1977年生まれ。ブラストホールディングス株式会社にてSEOツール無料公開サイト「SEOTOOLS」の立案・制作を担当後、2006年10月、株式会社スプールを設立。現在はSEOコンサルティングツール「spoool seo-suite」に注力。著書に「SEO 検索上位サイトの法則」(ソーテック社)がある。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング