SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インスタグラム広告のクリエイティブ品質を向上!タグピク、クリエイターズマッチと業務提携へ

 タグピクはクリエイターズマッチと連携し、ブランド企業に向けたInstagram(以下、インスタグラム)上のバナークリエイティブ制作に特化したブランディング・ソリューションの提供、及びクリエイティブに特化したユーザーテスト「ADTest」を用いた事前テストのソリューションの提供を開始した。

インスタグラムは、米Facebook社がサービス提供する、月間アクティブユーザー数4億人を抱える写真・動画共有SNS。ブランド価値の高いSNSメディアとして注目を集めており、2015年10月より、インスタグラム内の広告出稿が本格的にスタートした。Google、Facebook、Twitter、YouTubeに並ぶ広告プラットフォームとして、大きな市場成長が期待されている。

 タグピクは、読者モデル/フリーの著名インスタグラマーを中心に約490名のインスタグラマーをネットワーク化し、のべフォロワー数790万人を超える(2015年11月末時点)。企業がインスタグラム内でプロモーションを行う上で、幅広い消費者へのリーチが可能だ。一方、クリエイターズマッチは2007年8月の創業時より、バナーやランディングページといった「インターネット広告」専門の制作事業を展開。月間2,000本を超えるクリエイティブを制作している。

 2015年10月より、日本におけるインスタグラム広告配信が本格的に一般企業向けに開放されたが、インスタグラム上の広告クリエイティブは、Facebook向けに作成されたバナーで代用されているようなケースも多く、インスタグラムの世界観に合わないようなバナークリエイティブが多数氾濫している状況が起きている。このような課題を解決するために、両社は今回の提携に至った。企業が配信するインスタグラムの広告クリエイティブの品質が向上することで、インスタグラムがより魅力的なサービスになることを目指す。

【関連記事】
100名超のインスタグラマーをネットワーク化!タグピク、インスタグラムに特化したPR事業スタート
タグピク、リアルワールドと提携~300人超のインスタグラマー×900万のクラウド会員使ったPR可能に
タグピク、F0層プロモーションを強化~椎木里佳氏が代表を務めるAMFと戦略提携へ
バナーやLPのクリエイティブから、お客様との関係が始まる【クリエイターズマッチアワード2015】
KDDI研究所とクリエイターズマッチ、バナー広告の印象推測技術を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/11 12:00 https://markezine.jp/article/detail/23594

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング