SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

ニーズが顕在化したユーザーの瞬間を捉える検索連動型広告 地域ターゲティングで商圏を絞ったアプローチも

 スマートフォン版やアプリ版Yahoo! JAPANトップページの刷新、それに伴う広告ソリューションのリニューアルと、近年まさにドラスティックな変革を続けているYahoo! JAPANによる本連載。今回は、インターネット広告を黎明期から支えた「検索連動型広告 スポンサードサーチ」を取り上げる。今や定番化したプロダクトだが、ターゲティングなどの既存の機能をうまく利用するなど、地域の中堅中小企業にとってもまだ活用の余地があると言える。

定番の検索連動型広告、他のプロダクトとの併用進む

MarkeZine編集部(以下MZ):今回は、インターネット広告を牽引する存在ともいえる検索連動型広告にあらためて注目しました。検索連動型広告のサービスマネージャーの齋藤さんに、目下広告主がどのように活用しているのか、広く浸透している広告サービスだからこその大きな潮流をうかがいます。齋藤さんは、現職の前はどのような業務を担当されていたのですか?

齋藤:ヤフーに入社以来、ずっと広告ソリューションを担当しております。プレミアム広告をはじめ、広告を運用するツール設計などにもかかわって、今に至ります。現在は、検索連動型広告のプロダクト自体とサービスの両面で、どう展開していくかを計画し推進する立場です。

ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー サーチ&コマース広告 検索連動型広告 サービスマネージャー 齋藤菜津子氏
ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー 
サーチ&コマース広告 検索連動型広告 
サービスマネージャー 齋藤菜津子氏

MZ:インターネット広告の黎明期に登場した検索連動型広告の基本的な仕組みは、MarkeZine読者なら100%知っているとは思うのですが、それ以後も継続的に改善され、定番化してきているという変遷もあります。あらためてその機能と、現在の位置づけを教えていただけますか?

齋藤:特定のキーワードを検索するユーザーに対して、広告主さまがユーザーに対してアプローチする機会を提供するのが検索連動型広告です。シンプルで分かりやすい特徴から、インターネット広告を牽引してきたのだと思います。広告手段が増えてきた今も、やはりユーザーのニーズが顕在化したタイミングでの手法としては、特筆的なプロダクトですね。他のプロダクトと併用する場合も、効果的に利用できると思います。

地域ターゲティングにより地元の商圏へのアプローチも可能

MZ:一定の影響力は変わらない、という状況でしょうか?

齋藤:ええ、顕在化したニーズを捉えるという点は、以前も今も広告主さまの要望に応えるものだと思います。加えて、インターネットの状況に合わせてプロダクトも進化させてきました。デバイスが多様化する中で、たとえばマルチデバイス配信や、あるいはスマートフォンを利用しているユーザーに、よりアピールできるような広告テキストを、スマートフォンにのみに配信する機能などをリリースしてきました。

MZ:昨今の変化としては、スマートフォンの浸透による掲載面の多様化が大きいのですね。

齋藤:そうですね。あとは、これまでもずっと可能ではあったのですが、地域や曜日、時間によるターゲティングができるので、より効果的かつ効率的なアプローチを可能にしています。インターネット=日本全国へ、のような印象がありますが、地域ターゲティングを使うことで、地元の中小企業が商圏を絞ってアプローチすることも可能です。

MZ:以前は、インターネット広告といえばディスプレイ広告か検索連動型広告で、顕在化ニーズを捉えるなら検索連動型広告の一択だったと思います。そこへリターゲティングやアドネットワークなども加わった現在、利用の傾向などはどうなっていますか?

齋藤:もちろん、リターゲティングは顕在ユーザーへのアプローチとして効果的です。ただ、だからといって検索連動型広告の「検索したタイミングで捉える」というタイミングの有効性が薄まるわけではありません。利用が減ったわけではなく、併用のケースが増えていますね。

次のページ
テレビCMと連動させるケースが一般化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/01 16:49 https://markezine.jp/article/detail/23720

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング