SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、ブラジルのオンライン・オーディエンスデータ会社 「ナベッグ社」の株式100%取得で合意

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、ブラジルにおけるデジタルサービスの強化・拡充のため、オンライン・オーディエンスデータ会社「Navegg」(以下、ナベッグ社)の株式100%を取得することで、同社株主と合意した。

 2009年設立のナベッグ社は、オンライン・オーディエンスデータを提供するDMPを管理・運営している。同社の最大の強みは、毎月100億件を超えるオーディエンスデータの蓄積・分析を行っている点。10万を超える内外のサイトと提携してブラジル最大規模のDMPを構築し、媒体社や企業によるマーケティング活動を支援している。また同社は、これらのデータを分析・活用したCRM領域での戦略コンサルティングも行っている。

 今後、ナベッグ社は、電通グループにおいて運用型広告のトレーディングデスクサービス機能を担っているAmnet(アムネット)やグループ各社との連携を図ることで、ブラジルを含む南米でのシナジーの創出を図る。

【関連記事】
電通、デジタル領域に強み持つカナダのクリエイティブエージェンシー、グリップ社を買収
電通、タイにアジアにおけるプロモーション領域の地域統括会社「プロモテックIHQ」を設立
電通イージス・ネットワーク、シンガポール・香港のBtoB向けの広告会社「バンド社」買収
電通ベンチャーズ、家庭で分子レベルバイオデータの分析可能にする米キュー社に出資
電通が印ファウンテンヘッド社の株式90%取得、2016年目途にpsLIVEと合併させる見通しを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/01/13 08:30 https://markezine.jp/article/detail/23726

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング