SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

データ活用の高度化を考える(PR)

「このマーケティングツールには、どのデータを使う?」 使い先にフォーカスしたデータの選び方を考える

 「どのデータをどう活用するか」にフォーカスし、高度化するマーケティングについて考えていく本連載。最終回の今回は、DMPのデータを活用する先のマーケティングツールにフォーカスしてデータの活用について述べていきたいと思います。

マーケティングツール別データの選び方の基本

 ここまでの連載ではデータにフォーカスをしてデータ活用について述べてきました。最終回の今回は、DMPのデータを活用する先のマーケティングツールにフォーカスしてデータの活用について述べていきたいと思います。

 まずはマーケティングツールにどのデータを使うか選ぶ際の判断軸について考えます。どのデータを使うかはデータが持っている要素(Cookie IDとか、メールアドレスとかマーケティングツールに連携できる要素のこと)と、DMPに登録されているデータの種類、その量によって判断することが多いです。

 量については多いか少ないかになるのですが、データの要素に関しては、例えばCookie IDを持っていれば広告配信ツールに使う、メールアドレスを持っていればメール配信ツールで活用するなど、マーケティングツールごとに活用できる要素が異なるため、判断の重要なポイントになります。また、データの種類はツールとデータの連携のしやすさに関係してきます。

 次から、広告配信ツール・ネットリサーチ・LPOツール・CRMツールのマーケティングツールごとに、どのようなデータが活用できるかご紹介しましょう。

広告配信ツールへの活用

 広告配信ツールへは以下のようなデータの活用がオススメです。

  • データの要素:Cookie ID、IDFA/Google Advertizing ID、IPアドレス
  • データ種別:自社データ、外部データ
  • データ量:小~大

 広告配信ツールは出し先となる広告枠の数がかなり大きく、データ量が数千程度でも使い方によっては十分にマーケティング的な価値を見出すことができます。

 例えば、外部データを活用する際はデモグラ情報などの規模の大きなデータであれば厳選した枠で配信をすることもできますし、ID-Posのデータなどボリュームの小さなデータでも純度が高いターゲティング方法であれば、広告枠を限定せずに広く配信を実施することでターゲティング対象に対して広くリーチすることができるようになります。

 また、自社データを活用する場合はリターゲティングとしての活用になります。こちらについては小さい単位にデータを分割して細かくターゲティングを行い、広告効果を高めていくなどボリュームの大小に依存せず活用が行われています。

次のページ
ネットリサーチへの活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
データ活用の高度化を考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

簗島 亮次(ヤナシマ リョウジ)

株式会社インティメート・マージャー代表取締役社長。 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科を2010年首席で卒業。 2013年、Googleのレイ・カーツワイル氏が2020年に起きると予測した「あらゆるデータがひとつに統合される」という革命を冠した株式会社インティメート・マージャーを創業し、2019...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/23 10:00 https://markezine.jp/article/detail/23849

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング