SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアドベトナム、アジア向け開発拠点を設立~アジア圏広告主の支援強化へ

 マイクロアドの現地法人であるマイクロアドベトナムは、ベトナム社会主義共和国に「MicroAd Technology Development Company Limited」を設立し、アジア圏におけるディスプレイ広告管理プラットフォーム「MicroAd BLADE」の開発拠点として活動を開始した。本拠点を中心にアジア圏の広告主への迅速なサポートと、言語や通貨などの対応を含めた細分化したサービスの拡大を図り、海外ローカルアドネットワークとのRTB接続をより円滑に行っていく。

 マイクロアドベトナムは、2012年11月に、マイクロアドと現地企業のAmbient Digitalが共同で設立。昨今、同国ではインターネット広告への認知度の高まりから市場全体が拡大し続けていることから、ローカル向けの製品開発及び、MicroAd BLADEの開発拠点として「MicroAd Technology Development Company Limited」の設立に至った。

【関連記事】
ヒトクセ、「Smart Video」で制作した動画広告をベトナムで配信開始
アドウェイズ、ベトナムで3,000万人が使うアプリに広告配信可能なサービス「Seads」リリース
トライバルメディアハウスがベトナムに現地法人を設立、自社マーケティングツールの開発強化
マイクロアドとTAGGYが資本・業務提携~データフィード領域で協業へ
マイクロアド、アンケートバナー配信サービス「LinX」提供へ~リアルタイムで態度変容を計測

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/05 11:25 https://markezine.jp/article/detail/23866

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング