SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス、アプリマーケティング関連サービスの拡充へ AppsFlyerの効果測定基盤を提供

 トランスコスモスは、イスラエルに本社を置くAppsFlyer, Inc.(以下、AppsFlyer社)と提携し、AppsFlyer社が開発・提供するモバイル広告効果測定プラットフォーム「AppsFlyer(アップスフライヤー)」の取り扱いを開始した。

 昨今、PCからスマートフォンへとインターネット利用デバイスがシフトしている。あわせて、スマートフォン広告市場の成長も見込まれている。こうした市場環境をうけ、トランスコスモスはアプリマーケティング関連のサービス拡充と専任スタッフの育成に注力することを決めた。そして第1弾として、AppsFlyer社のプラットフォームを提供するに至った。

 AppsFlyer社は、Facebook及びTwitterの公式モバイル測定パートナーであるとともに、1,500以上のモバイル広告ネットワークや分析プラットフォームと連携し、年間40億ドル以上のモバイル広告費、月間8億件以上のモバイルアプリ・インストール数を対象に効果測定を行っている。

 今回トランスコスモスが提供を始める「AppsFlyer」は、SDK(ソフトウェア開発キット)を導入するだけでモバイル広告キャンペーンやLTV、投資対効果(ROI)などの効果検証ができる。また、OneLinkという機能では、広告をクリックしたユーザーのデバイス内のアプリインストールの有無を認識して施策を実行できる。

【関連記事】
モバイルアプリ向けマーケティングツール提供するRepro、総額3億円を資金調達
モバイル商取引の9割スマホ/アプリのCVRはモバイルウェブより120%高い【Criteo調査】
インスタグラム、「インスタグラム・パートナーズ・プログラム」を開始~日本からは2社が選出
CyberZ、Twitter広告含むスマートフォン広告の一元管理サービスを提供開始
「ぐるなび」と「トリップアドバイザー」がパートナーシップ契約を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/16 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24100

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング