SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

原油高騰、サブプライム問題…「来年の景気は悪くなる」が大幅増【博報堂生活総合研究所調べ】

 発表された資料によると、2007年の経済状況についての質問では、「世の中の景気が良かった」と答えた人は16.7%、「悪かった」41.7%、「どちらともいえない」は40.2%となった。「良かった」という人の割合は、昨年より4.1ポイント減ったのに対して、「悪かった」と答えた人は10.2ポイント増加している。

 また、自分自身の生活の経済状況(月収、ボーナス、こづかいなど)については、「良かった」という人は昨年より7.2ポイント減って17.9%、「悪かった」は1.9ポイント減って41.4%、「どちらともいえない」が7.5ポイント増の39.3%。賃金の伸び悩みや、生活必需品の値上がり、ガソリン価格の上昇など、生活者の実感レベルでは、2007年は「世の中」「自分自身」ともに厳しい状況だったと言えそうだ。

 2008年への展望については、「来年の世の中の景気が良くなる」と答えた人は昨年より14.1ポイントと大幅減の15.8%。一方「悪くなる」と答えたのは23.9ポイント大幅に増えて40.5%。また、「自分自身の生活が良くなる」と答えた人は4.8ポイント減の20.8%、「悪くなる」と答えた人は3.6ポイント増の31.8%、「今年と変わらない」と答えた人は昨年とほぼ同数の45.8%となっている。

【関連リンク】
【リサーチ】景気回復は幻想?実態は10年前より100万円以上年収ダウン ─全国6000人への調査より
インターネット「真価」論(前編)~ネットクチコミでバカ売れの“ウソ”
債務超過のさくらインターネット、双日と資本提携へ向けて合意
今年最も流行した単位は「ギガ」、最も印象的なニュースは「脳内メーカー」【2007年ネット業界の流行調査】
未婚の男女にとって、正月帰省はプレッシャー【独身男女の恋愛・結婚観調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング