SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ファンコミュニケーションズの「nex8」がリニューアル ダイナミックリターゲティング配信に特化

 ファンコミュニケーションズは、同社の広告配信プラットフォーム「nex8(ネックスエイト)」をダイナミックリターゲティング広告配信に特化することを決定した。同広告配信プラットフォームは、2014年4月にリリースされ、広告主が指定した条件やユーザーの行動履歴を元にして、SSPやアドネットワークなどに対してRTBにて広告を配信することができる。

 同社では、ユーザーの行動履歴から趣味嗜好を推定し、広告を自動生成、配信できるダイナミックリターゲティング配信を以前より提供してきた。そして、効果の高さから利用率も伸びており、直前四半期では「nex8」を利用する広告主の過半数がダイナミックリターゲティング配信を採用していたため、今回同配信の特化に至った。

 今後同社は、2016年内目処でシステムの大規模改修を行い、配信に必要なデータフィードを自動生成できる対象サイトの拡大や精度向上等、導入ハードルを下げるための対応を予定している。

【関連記事】
ジーニー、「メールSSP」を開発 HTMLメール内でディスプレイ広告の配信可能に
DSP『Logicad』、「オーディエンスターゲティング」のエンジンに人工知能を採用
「GMO SSP」、新たにGoogleのDSPと連携 媒体社の収益向上に寄与
「nend」「nex8」、「トレジャーデータサービス」と連携~データ活用した広告配信を簡単に
ファンコミュニケーションズ、ターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」β版リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/28 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24367

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング