MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂アイ・スタジオ、新技術を広告に落とし込む組織「広告新商品開発室」を新設

2016/05/19 09:30

 博報堂アイ・スタジオは、広告クリエイティブの発想で、IoTや新テクノロジーを広告ビジネス化する組織「広告新商品開発室」を新設した。

 同組織では、様々なテクノロジーを組み合わせIoTプラットフォームを構築。そして、クライアント企業の課題に合わせた「広告クリエイティブ発想」を掛け合わせることで、生活者に新しい体験をもたらす「広告新商品」を開発する。

 今後はメディアやメーカーの研究開発関係者、大学関係者、スタートアップ企業、などとも連携し、新しく「広告」にできるものの発掘、商品開発を行っていく。

【関連記事】
博報堂アイ・スタジオ、 「統合デジタルマーケティングセンター」を新設
博報堂の動画マーケティングソリューション「再生商店」がOne to Oneの動画提供を実現
IoT製品やWebサービスをワンタップで操作、スマホアプリ「myThings」にボタン機能追加
ウフル、ニアー社とジョイントベンチャーを設立~IoTマーケティングソリューションを共同展開へ
日本IBMがWatson IoT事業部を新設、三菱電機やソフトバンク等と協業へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5