SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グレープシティ、Excelのように使えるBI「DragonFly BI」を6月より提供開始

 グレープシティは、セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」を新規事業製品として開発。6月29日より日本市場で提供を開始する。

画面イメージ
画面イメージ

 同ツールはExcelライクなスプレッドシートによる編集が可能。BIツールのデータをダウンロードしてExcelで再集計・再編集するような手間をかけずにデータの可視化ができる。また、データセットの更新頻度の設定などもできるため都度データをとってくる必要もなくなる。

 なお、同ツールはクラウドサービスであるため、webブラウザ上からログインが可能。機能のアップデートも自動で行われる。

 現在、成長傾向にあるBI市場にはすでに多くの製品がある。その一方で、データをビジュアル化するだけなど利用範囲が限定されていたり、使いこなすために高度な技術が必要なため、導入に二の足を踏まざるを得ないケースも多い。

 業務システム開発用ツール事業を通して、日本の業務システムに必要な機能を研究してきた同社は、自社ノウハウによりこれらの課題を解決できると考え、今回の市場参入をするに至った。

【関連記事】
UNCOVER TRUTH、Webサイトの「週次報告と改善提案を3ページで提供」する新サービス開始
バリューコマースとデジミホ、実店舗、ECサイトのデータを一元管理できるサービスをリリース
ユーザーローカル、「Owned Media Insight」を発表 記事のビジネス貢献度を視覚化
アンバサダーの発見・分析・コンタクトをワンストップで展開!AMN、新ラットフォーム発表
スパイスボックス、コンテンツマーケを支援する「BRAND SHARE」リリース~カルビーなど導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/27 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24480

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング