SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE×バスキュール×電通、七夕をリデザインする「みんなの七夕プロジェクト実行委員会」始動

 LINE、バスキュール、電通は七夕のリデザインを目的としたプロジェクトチーム「みんなの七夕プロジェクト実行委員会」を立ち上げた。古くから日本で親しまれてきた風習「七夕」に、新しいテクノロジーや楽しみ方を取り入れることで、これまで以上に多くの人が楽しめるイベントに発展させることを継続的に目指していく。

 同プロジェクト最大の目的は、参加者から集まった“願い”を、大切にアーカイブしていくこと。“願い”は人々の素直な気持ちであり、時代の鏡だ。毎年毎年、1つ1つの願いを大切に保管していくことで、未来への財産にしていく。

 具体的には、プロジェクトの公式WEBサイトを開設。そこで集まった願いから見える性別や年齢、居住地の違いによる傾向や特徴をグラフィカルに楽しめるようにする。また七夕を、様々な願いに触れることで新たな気づきを得られる機会にアップデートしていく。

公式WEBサイトイメージ
公式WEBサイトイメージ

 願いを集める方法として、公式WEBサイトへの投稿のほか、LINE上に公式アカウント「七夕プロジェクト2016」(@tanabata-project)を開設。LINEで願いを送信するだけで、簡単に短冊をつくることが可能にした。

LINE公式アカウントのイメージ
LINE公式アカウントのイメージ

 また全国の地方新聞社とも協力し、日本各地からの参加呼びかけも積極的に行っていく。さらに、JAXAの協力により、集まった願いを宇宙空間に届けるイベントの実施も予定されている。

【関連記事】
LINE、東証とNYSEで上場
日本テレビとバスキュールが合弁会社「HAROiD」設立、スマートテレビ、スマデバ事業推進へ
電通、スマートテレビ事業を推進するHAROiDへ出資~テレビ体験価値にイノベーションを
YKK AP× PARTY、光や風を操る「未来窓」のコンセプトモデル「M.W.」開発
あなただけの『バットマン×スーパーマン』の予告篇映像が作れる!トヨタ「戦う男の予告編」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/17 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24606

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング