SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleが世界のブランド価値1位/フェイスブックとアマゾン初のトップ10【WPPグループ調査】

 WPPグループは、2016年の世界のブランド価値ランキング『Brand Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking』を発表した。同レポートは、消費者調査に基づいて測定されたブランド資産と、企業の経済的な業績分析を組み合わせたもので、業績と株価の向上にブランドがもたらす価値を明らかにしている。

Googleがブランド価値1位をAppleから奪還

 今年度、最もブランド価値が高いと評価されたブランドはGoogleだった。昨年に引き続きMicrosoftが3位にとどまり、FacebookとAmazonが初めてトップ10入りした。また、トップ100のブランドが保有する価値総額は、前年比3%増の3.4兆ドルに達している。

2016年の世界のブランド価値ランキング トップ10(クリックで拡大:以下画像も同様)
2016年の世界のブランド価値ランキング トップ10(クリックで拡大:以下画像も同様)

 なお、前年トップのAppleから奪還した理由は、Googleが企業価値を32%増の2,290億ドルに拡大させたのに対し、Appleはマイナス8%の2,280億ドルに縮小したことにあるとレポートでは分析している。

Amazon、Starbucks、Facebookが躍進

 今年のランキングで最も価値を上げたブランドのトップ3はAmazon、Starbucks、Facebookだった。

最も価値の上がったブランド トップ3
最も価値の上がったブランド トップ3

 今年のランキングで上位に入っているブランドは、この一年、世界的な経済混乱に直面しながらも安定した業績を上げている。その中でも目立って成長を遂げたこれらのブランドは、ブランド体験を通して自社のイノベーションをコンシューマーに提示している企業といえる。

 破壊力をもったブランドは多くの方法で自社の提供する商品やサービスの現状を変えようとし、消費者のニーズや欲求を取り巻く多面的なシステムの構築を目指し、新たなカテゴリーに参入して多様化を図るケースも数多く見られる。上にあげた3ブランドはその代表的なものといえる。

 たとえば、Amazonは請負業者を使って独自のロジスティックスを構築。それによって自社コンテンツ内で、フレキシブルかつ1時間以内といった速やかな配送オプションの提供を可能にした。Facebookは、登録会員による利用を持続させるために出版社が作成したオリジナルコンテンツの提供を開始し、Starbucksは、「タップ&ゴー」アプリを使用したeコマース分野に乗り出し、コールドドリンクと塩味の軽食メニューの品揃えを強化すると同時に、ビールやワインなどの関連商品の売り上げを伸ばしている。

世界で最も価値のある日本のブランドはToyota

 日本のブランドでは、自動車の3ブランド(Toyota、Honda、Nissan)と通信の2ブランド(NTT、Softbank)が、すべて前年より順位を上げて100位以内に入った。ブランド価値ランキングが始まってからの11年間、Toyota(トヨタ)は常に日本ブランドのトップを走っている。

上:100位以内にランクインした日本のブランド
下:2006年~2016年に100位以内にランクインした日本の自動車ブランド
上:100位以内にランクインした日本のブランド、下:2006年~2016年に100位以内にランクインした日本の自動車ブランド

新しいブランドが現状を打破しうる

 2016年、100位以内にランクインしたブランドの半数近く(46社)は、調査が開始された2006年よりも後にランク入りしており、残る半数(54社)は、最初のランキング発表以来、常にランキングに名を連ねている。これは、有力ブランドがいかに長期にわたり価値を維持できているかを示しており、また同時に新しいブランドが現状を打破しうることも示唆している。

【関連記事】
「BtoBサイトランキング」、1位はオムロンに【ブランド戦略研究所調査】
サイバーエージェント、「次世代ブランド戦略室」を設立~ブランド広告効果の最大化を支援
アドベリフィケーションエンジン「BlackSwan」、ログリーのネイティブ広告プラットフォームに搭載
オプト、動画ブランディングの価値追求する研究所「Branded Movie Lab」を設立
消費者の33%「モバイルショッピングで不満を感じたブランドからは二度と買わない」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/04 09:00 https://markezine.jp/article/detail/24720

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング