SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通など4社、訪日外国人の行動データ分析ソリューション「いいデータ」を8月に提供開始

 電通、ブログウォッチャー、ナビタイムジャパン、ジョルテの4社は訪日外国人の行動データに基づく分析ソリューション「いいデータ」(Inbound Infographic Data)を、8月上旬より提供する。

 具体的には、訪日外国人向けのスマートフォンアプリ「NAVITIME For Japan Travel」とカレンダーアプリ「ジョルテ-カレンダー&システム手帳」にあらかじめ「プロファイルパスポートSDK」を組み込み、情報取得を承諾した訪日外国人から属性・位置情報データを取得、それらを分析・可視化するツールを企業に提供することで、マーケティング活動の刷新に活用してもらうというもの。

周遊ヒートマップをエリアごとに集計・分析可能
周遊ヒートマップをエリアごとに集計・分析可能

 「いいデータ」では、訪日外国人の行動データを属性情報、ビジター数、エリア別訪問回数、周遊ヒートマップ、メッシュデータ、都道府県別データ、市区町村別データなど、様々な切り口で分析できる。また、位置情報や属性情報に基づくパーソナルレコメンデーション配信を、訪日外国人のスマートデバイス向けに行えるといった特徴もある。

【関連記事】
博報堂DYMPら3社、リアル行動特性に基づきパーソナライズされたメディアサービスの提供を目指す
ニアー社、位置情報×オーディエンスデータの分析可能にする「Allspark」をローンチ
サイバーエージェント、データの組み合わせに強みを持つDSP「BitBlend」をリリース
博報堂、店舗内の買物行動データ測定を強化 「ショッパーズ・カスケード(TM)モデル」を構築開始
購買行動DB活用したプロモ展開~デジタルガレージ、カスタマー・コミュニケーションズと提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/08 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24765

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング