SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

パナソニック、高精度屋内外位置情報ソリューションを今秋から提供へ

 パナソニックは、GPS電波が届かない建物内や地下街でも高精度な位置情報を提供する「高精度屋内外位置情報ソリューション」を9月より提供開始する。同ソリューションによって、建物内や地下街において、従来のWi-Fi等の無線を使った三辺測量による方式と比較して、より高精度な位置情報の取得が可能となる。

 昨今、空港や駅構内などの位置情報サービスとしてWi-Fiや無線ビーコンを活用したサービスが注目されている。また、これらのサービスを活用した動線管理や分析が進められている。

 しかし、Wi-Fiによる位置計測は、設置コストの問題やアクセスポイントの設置場所によって、数メートルから数十メートルの誤差が生じるといった問題があった。また、Bluetoothを活用する無線ビーコンは手軽に設置できるものの、ビーコンとの電波受信可能な範囲内を把握するに留まるため、より正確な位置を計測するには向いていないという課題があった。

 この状況を受け、同社は、高い指向性を有するBluetoothビーコンを開発し、さらに、ビーコンの間を高精度自律航法技術により進行方向と距離を推定することで正確な動線を把握することができるようにした。

【関連記事】
マーベリック等3社、フリーWi-Fiの位置情報を広告配信に活用することで合意
ニアー社、位置情報×オーディエンスデータの分析可能にする「Allspark」をローンチ
フリークアウトと日本交通、位置情報連動マーケティング事業で提携
博報堂DYMPら3社、リアル行動特性に基づきパーソナライズされたメディアサービスの提供を目指す
サイバーエージェント、データの組み合わせに強みを持つDSP「BitBlend」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/13 11:30 https://markezine.jp/article/detail/24800

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング