SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE NEWS、月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破~若年層を中心に浸透

 LINEの運営する「LINE NEWS」(「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を含む)の月間アクティブユーザー数(以下、MAU)が2016年6月時点で4,100万人を突破した。

 同社は2013年7月にスマートフォンニュースアプリとして「LINE NEWS」を公開。以降、「LINE NEWS」公式アカウントを通じて1日3回ダイジェスト形式でニュースを配信する「LINE NEWS DIGEST」やスマートフォン時代における雑誌の役割を担うサービスとして「LINE NEWS マガジン」、LINEの公式アカウントを使ったニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を展開してきた。

 その結果、2013年7月のサービス公開から約3年でMAUは4,190万人を記録した(2016年6月時点)。

 また同社では、全国の13歳から69歳のスマートフォン(iPhone/Android)を所有するユーザー1,967名を対象に2016年7月、「第2回 世代間のニュースサービス利用に関する意識調査」を行った。

ニュースサービス別利用率の比較(スマートアンサー調べ)
ニュースサービス別利用率の比較(スマートアンサー調べ)

 その結果、「スマートフォンで利用するニュースサービス」として、「LINE」の利用率が10代では1位、20代では「Yahoo!」に肩を並べる結果になるなど、若年層を中心に存在感を見せていることがわかった。

LINE NEWSの利用率の推移(スマートアンサー調べ)
LINE NEWSの利用率の推移(スマートアンサー調べ)

 さらに「スマートフォンで利用するニュースサービス」を聞いたところ、「LINE」と回答した人の割合は、2016年2月時点に行った調査と比較して全体で11ポイント、世代別では10代、20代でそれぞれ18ポイントと14ポイント、30代から50代においても10ポイント近く増加しており、全世代でニュース閲覧時の「LINE」の利用率が上昇傾向にあることが明らかとなった。

【調査概要】
・調査名:第2回 世代間のニュースサービス利用に関する意識調査
・調査手法:スマートフォンアンケート(スマートアンサーモニター)
・調査対象者:全国13~69歳男女のスマートフォンユーザー(1,967サンプル)
・調査期間:2016年7月5日
※スマートフォンユーザーの性別×年代別人口構成比に合わせてウェイトバック集計を実施

【関連記事】
若年層のニーズ「動画はスマホ」に対応!スマートニュース、C CHANNELチャンネルを開設
食べログ、LINE公式アカウントを開設~ネット予約の内容をLINEで受信可能に
LINE NEWS、「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に新たに30メディアが参画
フリークアウト、LINEとLINE関連サービス上の広告枠へRTB経由の広告配信サービスを提供
LINE、広告出稿企業の増加なるか〜「LINE Ads Platform」の本格運用開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/21 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24853

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング