SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス、100名超のAIストラテジストを組織化し、メッセンジャーアプリ利用したサービス展開

 トランスコスモスは、LINEやFacebook Messengerなどのメッセンジャーアプリを利用した顧客コミュニケーションサービスにbotを使った自動応答サービスを導入し、トランスコスモスの100%子会社であるcaramoが運営するECサイト「藤巻百貨店」において今秋から運用を開始する。

 新サービスでは、米国のReply, Inc.が開発したbot構築用プラットフォーム「Reply.ai」とLINE、Facebook Messengerなどのメッセンジャーアプリを連携させて、顧客からの問い合わせに対する自動応答を可能にする。また、必要に応じて有人対応に切り替え、オペレーターが直接サポートする。

 同サービスを利用するクライアントにとっては、自動応答サービスにより顧客を待たせることなく対応を行うことができ、一部の業務を自動化することで、人件費の削減も可能となる。

 botの設計や運用チューニングには、トランスコスモスが15年以上に渡って提供してきた「FAQコンサルティングサービス」のノウハウを活用。FAQコンサルティングサービスでは、経験豊富なAIストラテジスト100名が、コールやメールのログから顧客の求める回答や説明のレベルを抽出。FAQサイトの現状をコンテンツカバー率で把握し、FAQ整備からbotの設計開発までをワンストップで提供する。

【関連記事】
IMJ、チャットボット活用を支援するコンサルティングサービス開始
Resolaとアディッシュ、LINE等に対応したチャットボットサービス「RebotFAQ」を提供開始
LINE、APIオープン化に先駆け「BOT API Trial Account」の無償提供を開始
リクルート、汎用機械学習プラットフォーム提供する米DataRobotへ出資および、AI研究で業務提携
インティメート・マージャー、不正広告対策ソリューション「IM Fraudbuster」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング