SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

消費者の動画広告への感情データを可視化!動画アドテクのアンルーリー、「Unruly Pulse」発表

 アンルーリーは、7月29日、動画広告に対する消費者の感情反応トレンドや企業の動画広告トレンドのインサイトを把握できるダッシュボード「Unruly Pulse(アンルーリー パルス)」のベータ版を発表した。現在、英国、米国、フランス、ドイツ、北欧、東南アジア、および日本における利用が可能だ。

 「Unruly Pulse」は、アンルーリーのファーストパーティ・データを使用し、欧州、中東、アフリカ、アジア、北米、中南米の数千の動画に対する、50万件以上の消費者の反応を視覚化したもの。これを活用することで、マーケターはデモグラフィック、国、地域、企業業種別に、どの感情がエンゲージメントに影響を与えたかを把握できる。また個別の広告を分析し、同業種の動画パフォーマンスと比較することも可能だ。

 同社 日本代表取締役の香川晴代氏は、「これまで日本において、配信前にソーシャルメディアでの拡散を予測できる動画コンテンツ評価ツール『ShareRank』や、動画配信プラットフォームの『Unruly Activate』を提供してきましたが、今回の『Unruly Pulse』の提供開始により、マーケターのコンテンツ戦略の意思決定をさらに支援することができれば。日本でもデータを駆使した動画コンテンツ・マーケティング施策を、クリエイティブを基点に一気通貫でプランニングを進めていくことが可能になります」と語った。

 過去10年間の学術研究や業界調査では、感情的な広告戦略が、ブランド好感度、購買意向、アーンド・メディアなどブランドや企業の様々なKPIに効果をもたらすこと明らかになってきた。しかし、日本の消費者に限っては事情が異なり、広告主は消費者と感情的なつながりが持てていない現状がある。

 例えば「Unruly Pulse」のデータから、「日本人が動画を見て抱く感情の平均は、世界よりも低い」傾向が明らかになったという。これに対して「このデータから、日本人は動画をみてあまり心を動かさないのか、それとも見ているコンテンツの問題か、と聞かれることがよくあります。欧米ではすでにウェブ用の動画が日本よりもたくさん出回っていることもあり、これは後者、すなわちコンテンツの課題と言えます。今後、日本のブランデッドコンテンツの動画がよりウェブに適したものになっていくことで、同時にターゲットの心理反応を意識してコンテンツ作りを進めていくことで、マーケターにとっては大きなオポチュニティがあるはずです」と香川氏は見解を述べた。

【関連記事】
アンルーリー、『動画広告の将来に関するマニフェスト』を発表
メッセージングアプリは動画マーケティングの新領域に【2016年動画広告トレンド予測】
配信前にソーシャルメディアでの動画広告の拡散率を予測!アンルーリー「ShareRank」公開
MixChannel、女子高生の間に流行を創出できる活用例を公開
タクシーを動画広告ネットワークに、日本交通とフリークアウトが合弁会社設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/29 11:45 https://markezine.jp/article/detail/24914

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング