SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sansan、ブランドコミュニケーション部を新設~ブランドイメージの醸成目指す

 クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは8月22日、ブランディング強化を目的に「ブランドコミュニケーション部」を新設した。

 Sansanはクラウド上で名刺管理を行うサービス「Sansan」「Eight」を展開。創業から10年目を迎え、法人向けの「Sansan」は導入企業4,000社、個人向けの「Eight」ユーザーは100万人を超える。

 今回の組織新設に至ったのは、同社のサービスのビジネスインフラとしての更なる成長や優れたプロダクトの開発に加え、より多くの人にサービスのコンセプトを伝えるブランドイメージ醸成の重要性が高まってきたためだ。

 リーダーにはブランディングにおけるクリエイティブの重要性を鑑みて、クリエイティブディレクターの田邉泰氏が就任。同氏はブランドコミュニケーション部でのデザインから広報、渉外対応、イベントプロデュースまで会社の対外コミュニケーションに関わる機能を統括する役目を担う。

 今後Sansanから発信されるすべてのクリエイティブのディレクションは同部が担当し、ブランドイメージの構築を図っていく。

【関連記事】
パソナがMarketoを導入 Sansanと連携した顧客管理、パーソナライズドメールを実現
日経電子版が名刺管理アプリ「Eight」と連携、仕事に使えるツール機能強化
Sansanと日本郵便、名刺データと連携した年賀状印刷サービス「B2B LoveLetter」提供へ
TABI LABOとSpotwright、動画の共同制作プロジェクト実施~広告商品として販売も
サイバーエージェントとVogaro、動画マーケティングにも対応したCMSの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/23 11:00 https://markezine.jp/article/detail/25049

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング