SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版「Shufoo!」、店舗周辺にいる潜在顧客に情報をタイムリーに配信できる「ココチラ」を開発

 凸版印刷が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、ユーザーの位置情報(現在地)に合わせて、店舗がタイムリーに誘客するためのコンテンツを配信できる新サービス「ココチラ」を開発。2016年8月よりサービスを順次開始する。

 「ココチラ」の利用により、小売流通企業は従来の販促施策ではアプローチしづらかった、「会社帰りで最寄り駅から帰宅中」、「ショッピングモール内の別のお店を回っている」といった“射程圏内”にいる潜在顧客に対して、タイミングよくコンテンツを配信することで、潜在顧客の行動を変え、自店舗に呼び込むことが可能になる。

 なお、店舗に呼び込むためのコンテンツの出し分けや、プッシュ通知をするタイミングは、ユーザーの対象エリアにおける滞在時間によって設定ができる。また、情報接触したユーザーが来店したかどうか、効果測定も可能。

 現在、イオンリテール、イトーヨーカ堂、近鉄百貨店、DCMホールディングス、東急ハンズ、ヤオコー等が同サービスのトライアルキャンペーンに参加する予定。

【関連記事】
パナソニック、高精度屋内外位置情報ソリューションを今秋から提供へ
マーベリック等3社、フリーWi-Fiの位置情報を広告配信に活用することで合意
IMJ、割引クーポン付き駐車場検索サービス「CouPark」リリース
日本気象協会、iPhoneアプリに現在地の雨雲の動きを表示する機能を追加
凸版「Shufoo!」と東芝テック「スマートレシート」連携、セグメント配信などの実証実験へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング