SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

データフィードは最適化から管理する時代に。ユニヴァ・ペイキャストが語るDFOの課題とは

重要なのは配信前後に顧客をサポートすること

 サポートチームでは、導入時だけでなく、配信前後の支援も行っている。

 「チャネル追加に関してお客様のご負担がないため、最初は1つのチャネルだけで進めていたお客様にも、他のチャネルでより良いものがある場合は提案しやすいです」(川田氏)

 これは本来であれば営業が行う役割ではあるが、導入支援を行ったサポートチームへのクライアントの信頼は厚く、直接要望がきて対応するケースが多いという。

 「現状のDFOのサービスでは、フィードは最適化されたものの、そこからどうすればいいかわからないというお客様も多い。でも当社は導入時の支援はもちろん、フィードの更新からタグのカスタマイズ、広告配信など配信前後の顧客サポートを徹底することで、データフィードの真の活用につながると考えています」(島津氏)

海外のチャネルも積極的に増やして、今後のニーズに応える

 今後もGyro-n DFMでは、配信チャネルをさらに増やしていく予定だ。同社は海外に広く進出しており、10カ国ほどの外国籍のエンジニアも多数所属している。そのため、海外でしか提供できないチャネルも含めて提供できるプロダクトにしていくという。

 「これからは、海外のチャネルに広告配信したいというニーズも増えてくると思います。そこで、例えば海外のCriteoのような様々なチャネルに対して、Gyro-n DFMでそれぞれのレギュレーションに沿って最適化されたフィードを渡し、我々のワンタグで簡単に各チャネルのタグを実装できる形を、早く実現したいです」(島津氏)

 サポートチームでも、より充実した支援を行っていく考えだ。

 「日々、新しい知識やサービスを取り入れるのはもちろんのこと、広告配信はスピードが大切なので、これまで通りスケジュール厳守でサービスを提供していきたいですね」(川田氏)

 「よく、お客様には“ユニヴァさんに頼めば楽だ”という声をいただくのですが、単体のソリューションではなくて、Gyro-nが持つ様々なサービスで全体的なプロデュースができるようになればいいなと思います。当社にお任せいただければ、何でもできるという状態を目指したいです」(吉田氏)

記事に登場したGyro-n DFMの機能詳細・利用料金などをサービスサイトにて紹介中! 詳しくはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/13 18:27 https://markezine.jp/article/detail/25066

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング